著者大学、親子向けキッズプログラミングワークショップ…英語コースも用意 8/27

ベネッセが運営する社会人向けWEB講義サービス「著者大学」は、夏休み特別企画として「スクラッチジュニアではじめる親子ですくすくプログラミング」を8月27日に、東京・東銀座のセミナー&カフェスペース「GAT CAFE」で開催する。

教育ICT ソフト・アプリ
スクラッチジュニアではじめる親子ですくすくプログラミング(イングリッシュコース)
  • スクラッチジュニアではじめる親子ですくすくプログラミング(イングリッシュコース)
  • スクラッチジュニアではじめる親子ですくすくプログラミング(日本語コース)
  • スクラッチジュニアではじめる親子ですくすくプログラミング
  • ワークショップの内容
  • 英語ワークショップでは英語力も伸びる
 ベネッセが運営する社会人向けWEB講義サービス「著者大学」は、夏休み特別企画として「スクラッチジュニアではじめる親子ですくすくプログラミング」を8月27日に、東京・東銀座のセミナー&カフェスペース「GAT CAFE」で開催する。

 著者大学は、ビジネス・語学学習領域書籍のベストセラーを持つ著者を講師とした、WEBメインの学習サービス。無料のMOOCs型映像授業を配信するほか、有料の継続型学習講座「著者ゼミ」などを展開している。今回、夏休み特別企画として、スクラッチジュニアを使った親子向けのキッズプログラミングワークショップを開催する。

 スクラッチジュニアは、今夏MIT(マサチューセッツ工科大学)メディアラボから公開されたばかりのiPad用キッズプログラミングツール。ワークショップでは、日経BP社より出版される「5才からはじめるすくすくプログラミング(仮)」の著者である橋爪香織先生が講師を務め、プログラムの基本を学ぶほか、自分ならではのゲームや動く絵本をカタチにするなど、コンピュータを使った創造的な活動の楽しさを体験できるという。

 ワークショップは日本語コースのほか、イングリッシュコースも用意。同コースでは、橋爪先生に加え、英語講師として、英語学習書のベストセラー著者である神林サリー先生も参加。プログラミングでキャラクターを動かしながら英語の基本動詞を実際に使ってみたり、作品発表を英語のプレゼンテーションで行う体験もできる。

◆スクラッチジュニアではじめる親子ですくすくプログラミング
開催日:8月27日(水)
時間:10:00~13:00(英語)、14:00~15:30
会場:GAT CAFE(東京都中央区)
参加費:1万円(英語)、7,000円(日本語)
※1家族から子ども2名まで追加料金なしで参加可能
対象:5歳~小学生(保護者同伴)
応募人数:各コース12組限定
締切:8月26日(火)18:00
応募方法:Webサイトより
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)