2015年新卒者向け求人、採用予定のある中小企業が増加

生活・健康 その他

中堅・中小企業の求人見込み
  • 中堅・中小企業の求人見込み
  • 採用予定あり事業所の産業分類別内訳
  • 昨年と比較した採用予定数
  • 平成25年度新卒者の採用内定取消し状況
 厚生労働省は9月12日、平成27(2015)年3月卒業予定の大学生への中堅・中小企業の求人見込みを発表した。調査事業所のうち、「来春卒業予定の大学生等の採用予定がある」と回答した事業所は40.0%で、前年度の35.6%を上回った。

 調査は、ハローワークが新規学卒者向けの求人提出を要請した事業所(各ハローワーク管轄内の従業員数が概ね1,000人以下の企業)に対して行ったもの。調査事業所数は33,091事業所。調査期間は6月1日~7月31日。

 調査事業所のうち、「来春卒業予定の大学生等の採用予定がある」と回答した事業所は13,223事業所(全体の40.0%、前年度は35.6%)。このうち、「昨年より多くの人数を採用する予定」と回答した事業所は6,019事業所(45.5%、前年度は45.0%)だった。来春卒業予定の大学生等の採用予定がある事業所の採用予定人数は72,277人に上る。

 「昨年より採用予定数が多い」と回答した事業所の割合を産業別に見ると、「建設業」51.6%、「卸売業、小売業」46.5%、「製造業」44.2%、「医療、福祉」43.2%となった。

 また、同日発表された平成25年度新卒者内定取り消し状況によると、31事業所で54人が内定取消しとなった。内定取り消した企業のうち、1社(水生の庄)については企業名も公表している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)