【高校受験2015】SAPIX中学部が神奈川県立高入試「特色検査」を解説

教育・受験 学校・塾・予備校

SAPIX中学部のホームページ
  • SAPIX中学部のホームページ
  • 神奈川県立難関校入試プレ
 SAPIX中学部は神奈川県立高校の入試で導入している「特色検査」の出題例と分析・解説をホームページに公開した。8月に実施した公開模試の問題を題材にして具体的に紹介している。

 神奈川県立高校の入試は平成25年度から、学力検査と面接を受ける「共通選抜」に加えて一部の学校で「特色検査」を課している。「特色検査」は「実技検査」または「自己表現検査」が行われ、「自己表現検査」では学校ごとにレベルや内容が異なって出題される。

 ホームページでは、特色検査の出題方針である「科目横断的な出題」「思考力」「表現力」はどのようなものか、8月に中学3年生を対象に実施した「神奈川県立難関校入試プレ」の「特色検査」の問題を題材にして解説。

 例えば、アルファベットと数字を暗号化して単語のやりとりをする際の対応表からの問題では、問題の設定をしっかりと読み理解することが大切だと説明している。「特色検査」の問題は受験生にとって初めて見る内容が問われ、入試本番にその場で考える力が試されるという。

 解答するときの記述例では、書くべき要素を読み取り、関連づけて記述するようにアドバイス。今回、紹介した問題では単に表を読み解いて照合する作業だけではなく、英語の語彙力も問われている。

 SAPIX中学部は10月19日の公開模試「第2回神奈川県立難関校入試プレ」にて、5教科の試験後、湘南高校、横浜翠嵐高校向けの「特色検査」(任意受験)を実施する。申込みは10月14日まで。

◆第2回神奈川県立難関校入試プレ
日時:10月19日(日)9:10~16:20(特色検査を受験しない場合は15:05まで)
会場:SAPIX中学部横浜校(横浜市神奈川区金港町6-9 MMCビル)
対象:中学3年生
受験料:3,240円
申込方法:ホームページから申し込む
締切:10月14日15:00まで
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)