サイエンス倶楽部、「ものづくり」に特化した科学実験実習コースを開講 小4生対象

 理科実験教室のサイエンス倶楽部は、10月から首都圏20教室にて、小学4年生対象の「ものづくり」に特化した科学実験実習コースを開講。「ものづくり」を通じて、自ら創意工夫し、創造しうる子どもたちの育成に取り組んでいく。

教育・受験 学習
サイエンス倶楽部が開講する、ものづくりに特化した科学実験実習コース(イメージ)
  • サイエンス倶楽部が開講する、ものづくりに特化した科学実験実習コース(イメージ)
  • サイエンス倶楽部が開講する、ものづくりに特化した科学実験実習コース(イメージ)
  • サイエンス倶楽部が開講する、ものづくりに特化した科学実験実習コース(イメージ)
 理科実験教室のサイエンス倶楽部は、10月から首都圏20教室にて、小学4年生対象の「ものづくり」に特化した科学実験実習コースを開講する。

 サイエンス倶楽部は、科学実験から広げる「体験型総合教育」を特徴とする理科実験教室。現在、全国で22教室を展開し、教室から野外、海外、大学や研究機関などあらゆるフィールドで、子どもたちにたくさんの学びや発見、「ワクワク」や「感動」を提供している。

 サイエンス倶楽部では、さまざまな「ものづくり体験」を通じて、発見し、感動し、より科学の面白さを知ってもらいたいとし、本コースを企画したという。「光センサを使って作ってみよう」「化学反応のふしぎ」「超高速回転電磁石」など、エネルギーや環境、物理、化学、生物分野まで多岐に渡るテーマを用意。「ものづくり」を通じて、自ら創意工夫し、創造しうる子どもたちの育成に取り組んでいく。

 なお対象学年は2014年度は小学4年生のみ、2015年度以降は小学生各学年向けに展開していく。

◆小学4年生クラス-Sテックコース
対象:小学4年生
実施期間:2014年10月~2015年3月
※2015年度からは4月開講
実施日時:月1回土曜または日曜日、1回あたり3時間
諸費用:月会費/7,000円、年間施設費/3,200円
2014年度カリキュラム:
・10月「光センサを使って作ってみよう」
・11月「化学反応のふしぎ」
・12月「超高速回転電磁石」
・1月「トランジスタ・ラジオ」
・2月「標本づくりで学ぶアタマのしくみ」
・3月「レーウェンフック顕微鏡」
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)