進化した図鑑「旭山動物園ARどうぶつ図鑑」出版、動画や3Dで動物をリアルに体感

 スマートフォンをかざして動物の映像や骨の3Dなどを見ることができる「旭山動物園ARどうぶつ図鑑」が8月3日、東京書籍から出版された。「行動展示」で人気を集める旭山動物園の動物たちの姿が、動画でも見られる新しいタイプの「動物図鑑」として話題を呼んでいる。

教育・受験 学習
旭山動物園ARどうぶつ図鑑
  • 旭山動物園ARどうぶつ図鑑
  • 旭山動物園ARどうぶつ図鑑
 スマートフォンをかざして動物の映像や骨の3Dなどを見ることができる「旭山動物園ARどうぶつ図鑑」が8月3日、東京書籍から出版された。「行動展示」で人気を集める旭山動物園の動物たちの姿が、動画でも見られる新しいタイプの「動物図鑑」として話題を呼んでいる。

 図鑑では、ホッキョクグマ、ペンギン、キタキツネなど、同園が飼育する33種類の動物を紹介。スマートフォンやタブレット端末にAR(拡張現実)アプリ(AReader、無料)をダウンロードし、書籍内のマーカーにかざすと、動物の映像や立体的な骨格標本などが画面に映し出される。写真や生息地などのデータにデジタル技術が加わることで、よりリアルな動物の姿に迫ることができる。

 B5判、134ページ。定価1,995円。全国の書店などで販売している。

◆旭山動物園ARどうぶつ図鑑
発行:東京書籍
体裁:B5判/134ページ
定価:1,995円
コンテンツ:
【寒帯でくらす動物】
ホッキョクグマ/ペンギン/ホッキョクギツネ
【冷帯でくらす動物】
ゴマフアザラシ/アムールトラ/タンチョウ/シンリンオオカミなど
【乾燥帯・温帯でくらす動物】
シセンレッサーパンダ/チリフラミンゴ/ニホンザル/アオダイショウ
【熱帯でくらす動物】
ボルネオオランウータン/チンパンジー/カピバラ/ライオン/アミメキリンなど
【北海道でくらす動物】
キタキツネ/エゾユキウサギ/エゾフクロウ/エゾヒグマ など
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)