11月オープンのグランツリー武蔵小杉店に子どもの発育サポート施設

 教育玩具を取り扱うボーネルンドは、11月22日に神奈川県川崎市にオープンする大型ショッピングセンター「グランツリー武蔵小杉」内に大型木製用具などを取り入れた室内の遊び施設などを展開する。

生活・健康 その他
ドイツ製の大型木製遊具
  • ドイツ製の大型木製遊具
  • 設置予定遊具、ボールプール
  • ベビーガーデンのイメージ
 教育玩具を取り扱うボーネルンドは、11月22日に神奈川県川崎市にオープンする大型ショッピングセンター「グランツリー武蔵小杉」内に大型木製用具などを取り入れた室内の遊び施設を展開する。

 同社が「グランツリー武蔵小杉」内に設けるのは、室内あそび場「キドキド」と、世界の玩具を販売する「ボーネルンドショップ」を併設した親子向けの屋内施設「ボーネルンドあそびのせかい」。全国20か所ですでに展開している「キドキド」は、年間約220万人の親子が訪れる人気で、都心のベッドタウンとしてファミリー世帯の移住が増加している武蔵小杉のニーズに応えるという。

 「グランツリー武蔵小杉」に新設される「キドキド」は、自然と明るさをテーマにデザインされており、ドイツ製の大型木製遊具やボールプールが設置される予定だ。また、6か月~18か月の乳幼児が安心して遊べる「ベビーガーデン」も設け、保護者が自由に情報交換できる空間づくりを目指すという。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)