英検、2014年度第2回(10/10-12)実施分の合格点と合否閲覧

 日本英語検定協会は10月24日、ホームページで「2014年度第2回実用英語技能検定一次試験」の合否閲覧サービスを開始した。閲覧には、本人確認表に記載されている英検IDとパスワードが必要。

教育・受験 受験
英検のホームページ
  • 英検のホームページ
  • 合格点
  • 英検IDの記載場所(公開会場受験の方)
  • 個人番号の記載場所(準会場受験の方)
 日本英語検定協会は10月24日、ホームページで「2014年度第2回実用英語技能検定一次試験」の合否閲覧サービスを開始した。閲覧には、本人確認表に記載されている英検IDとパスワードが必要。

 同試験は、本会場で10月12日(日)に1級~5級のすべての級、準会場で10月10日(金)~10月12日(日)に2級~5級を実施。台風19号の影響により、沖縄県・鹿児島県の8会場で10月12日の試験が中止となり、対象者には10月26日に再試験が実施された。

 公開会場(本会場)受験者は本人確認票・個人成績表に記載された英検IDで、準会場(団体)受験者は問題冊子に控えた個人番号と暗証番号で試験結果ページよりログインして、一次試験の合否結果が閲覧できる。なお、準会場(団体)受験者の合否結果は11月7日(金)17:00まで。

 一次試験の合格点は、1級が80点、準1級が71点、2級が45点、準2級が43点、3級が40点、4級が37点、5級が28点(日・土・金曜日実施共通)。

 今後、3級以上については二次試験が11月9日(日)に実施される。二次試験の合否結果・成績表の閲覧は11月18日(火)14時以降(団体)・15時以降(個人)に開始予定。都合により、開始時間が変更になる場合もあるという。

 次回、2014年度第3回は、受付期間が12月1日~12月22日(書店は12月19日締切)となっており、本会場での一次試験を2015年1月25日(日)、二次試験を2月22日(日)に実施予定。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)