京都府、学生対象「教師力養成講座」…1次筆記試験免除も

 京都府教育委員会は、京都府の公立学校教員を目指す学生を対象とした「教師力養成講座」の第8期生を募集する。実施期間は平成27年2月~6月。同講座を良好な成績で修了し、所属大学の推薦を得ると、教員採用1次試験の筆記試験が免除となる。

教育・受験 学校・塾・予備校
京都府「教師力養成講座」
  • 京都府「教師力養成講座」
  • 先輩からのメッセージ
  • 「教師を目指す学生」支援プログラム パンフレット
 京都府教育委員会は、京都府の公立学校教員を目指す学生を対象とした「教師力養成講座」の第8期生を募集する。実施期間は平成27年2月~6月。同講座を良好な成績で修了し、所属大学の推薦を得ると、教員採用1次試験の筆記試験が免除となる。

 同教育委員会では、京都府の公立小・中学校や特別支援学校の教員を目指す学生に、京都府の教育について十分に理解をしてもらい、採用後即戦力となり得る教育実践力を身に付けてもらうため、京都府「教師力養成講座」を実施している。

 京都府「教師力養成講座」では、教師力を養成する2つのプログラムを実施する。学級経営や児童生徒理解など、学校現場での実践に基づいた「夢・未来」講座と、専任の指導教員のもと、学校現場での授業、学級活動、行事など教育活動の実践演習をする「教育実践演習」を行う。

 同講座の募集人数は小学校教員志望が40名程度、中学校(全教科)教員志望が20名程度、特別支援学校教員志望が10名程度。参加申込みは、在籍する大学・大学院を通じて、必要書類を提出する。

 同講座を良好な成績で修了し、所属大学の推薦を得た学生は、京都府の教員採用選考試験で当該の校種・教科における「京都府『教師力養成講座』修了生に係る大学推薦特別選考(第1次試験のうち筆記試験を免除)」の対象となる。

◆京都府「教師力養成講座」第8期生募集
実施期間:平成27年2月~6月
会場:「夢・未来」講座はキャンパスプラザ京都、教育実践演習は京都府内の公立小・中学校・特別支援学校
対象:京都府公立小学校、中学校または特別支援学校の教員を志望する大学3回生または大学院1回生で、以下のうちいずれかに該当する者
・教員養成サポートセミナー修了(見込み)者
・大学の教職インターンシッププログラム(志望区分と同一校種のプログラムで単位認定している場合に限る)の修了(見込み)者
・志願される年度内において、志願時までに志望区分と同一校種で10日以上のボランティア経験を有する者
募集人数:小学校40名程度、中学校20名程度、特別支援学校10名程度
募集期間:11月5日(水)~11月19日(水)
申込方法:在籍する大学・大学院を通じて、必要書類を提出する。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)