神奈川の保育園が幼児向けオンライン英語学習プログラムを導入

 神奈川県藤沢市の認定保育園「きっずワン」は、デジタルブティックが提供するオンライン英語学習プログラム「DreamPIE(ドリームパイ)」を導入する。3歳児を中心に、月1回30分間のレッスンを提供するという。

教育・受験 学習
DreamPIE(ドリームパイ)
  • DreamPIE(ドリームパイ)
  • 認定保育園「きっずワン」
  • 「きっずワン」の様子
  • 「きっずワン」の概要
 神奈川県藤沢市の認定保育園「きっずワン」は、デジタルブティックが提供するオンライン英語学習プログラム「DreamPIE(ドリームパイ)」を導入する。3歳児を中心に、園内で月1回30分間のレッスンを提供するという。

 ドリームパイは、幼児専用のオンラインレッスン。レゴブロックを利用したカリキュラムなど、英語を「勉強」するのではなく、英語で「遊ぶ」プログラムを通じて自然に英語を身につける環境を提供している。講師は幼児向けのレッスン経験が豊富で、子どもの年齢や発達に合わせたレッスンを展開するという。

 「きっずワン」では、3歳児を中心とした15名前後の園児を対象にドリームパイを利用。園内の遊戯ルームで、月に1回30分間、大型モニターを使ったオープンレッスンを行う。園での体験をきっかけに、家庭でも学習を続けたい保護者には、特別割引料金にて提供するという。

 2014年7月には、大分県豊後高田市も3歳児の保護者を対象にドリームパイの提供を開始。豊後高田市は希望者に対し、1年間45回分のドリームパイレッスン料を全額補助している。

 ドリームパイが保育園で採用されるのは、「きっずワン」が初めてだという。保育園にとっては、英語のレッスンを安価で実現できることや、子どもが楽しめるカリキュラムと英語の先生の確保などがメリットとなるだろう。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)