民間企業との共同研究、件数は東大・受入額は京大がトップ

教育・受験 その他

民間企業からの研究資金等の受入額の推移
  • 民間企業からの研究資金等の受入額の推移
  • 民間企業との共同研究実施件数および研究費受入額の推移
  • 民間企業との共同研究実施件数の上位機関
  • 民間企業との共同研究に伴う研究費受入額(単位:千円)の上位機関
  • 民間企業との共同研究に伴う1件あたりの研究費受入額、中小企業との共同研究に伴う研究費受入額(単位:千円)の上位機関
 文部科学省は11月28日、大学等における産学連携の実施状況を公表した。平成25年度は、民間企業からの研究資金等受入額が約695億円と過去最高であった。機関別にみると、件数は東京大学、研究費受入額は京都大学がトップだった。

 同省では、産学連携施策の企画・立案に反映させることを目的として、大学の産学連携の実施状況調査を毎年行っている。平成25年度は、全国の大学や高等専門学校、大学共同利用機関1,073機関を対象に、民間企業との共同研究、受託研究、治験などを調査した。

 民間企業からの研究資金等の受入額(共同研究・受託研究・治験等・特許権実施等収入・その他知財実施等収入)は約695億円と、前年度に比べて約67億円(10.6%)増加し、過去最高額となった。この要因は、共同研究、特許権実施等収入が大きく増加したことが考えられるという。

 民間企業との共同研究費受入額は約390億円と、前年度に比べて約49億円増加し、過去最高額となった。研究実施件数は17,881件となり、前年度に比べて956件増加した。

 民間企業との共同研究実績を機関別にみると、実施件数では「東京大学」、研究受入額では「京都大学」、1件あたりの研究費受入額では「明治大学」がトップとなった。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)