総務省、教育クラウド・プラットフォームのアイデア募集

教育ICT 学校・塾・予備校

総務省、教育クラウド・プラットフォームのアイデア募集
  • 総務省、教育クラウド・プラットフォームのアイデア募集
  • 総務省、教育クラウド・プラットフォームのアイデア募集
 総務省は11月28日、現在開催中の「ICTドリームスクール懇談会」で議論されている「学習・教育クラウド・プラットフォーム」のアイデアを広く一般から募集すると発表。提出期間は、平成27年1月5日まで。提案されたアイデアは懇談会で公表する予定。

 最先端のICTを取り込んだ今後の教育・学習環境のあり方、今後の普及方策や、新たなビジネスの展開に向けた検討を行うことを目的に、総務省では6月より「ICTドリームスクール懇談会」を開催。懇談会で議論されている「学習・教育クラウド・プラットフォーム」では、児童生徒用のポータルサイト、デジタル教材やアプリ、協働・交流支援ツール等のさまざまな機能をクラウド上で提供し、将来の標準モデルの構築を目指す。

 「学習・教育クラウド・プラットフォーム」の技術的要件や機能、また、これを基盤とした実際の学習・教育環境での利用方法について、実証事業の参考とするため、広くアイデアを募集する。アイデアは、「学習クラウドに搭載すべき機能やその利用方法、技術的要件等について、未来の学習環境をイメージしたもの」「学習クラウドの学校、学習塾、フリースクール等における具体的な利用方法」とする。

 アイデアの提案方法は、総務省が定める実施要領にしたがって、電子データをEメールで提出する。提出期間は、平成26年11月28日(金)~平成27年1月5日(月)17時まで(必着)。提案主体は問わない。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)