聖学院大、釜石市での復興支援ボランティアを実施…希望学生は前年の3倍に

教育・受験 学校・塾・予備校

聖学院大学復興支援ボランティアスタディツアー・サンタプロジェクト4
  • 聖学院大学復興支援ボランティアスタディツアー・サンタプロジェクト4
  • クリスマスカード
  • こどもクリスマス
  • サンタ
 聖学院大学は、今年で4回目となる聖学院大学復興支援ボランティアスタディツアー「サンタプロジェクト4」を12月5日から7日まで、2014年1月に連携協定を締結した岩手県釜石市で実施する。

 ツアーには、学生40名、教職員・卒業生10名が参加。現地の人々との郷土料理づくり、被災した同世代(高校生)の話を聴く会、子どもクリスマス会、漁業ボランティア、海岸沿いの整備活動などを行う。

 2013年の参加者は18名だったが、今年は定員30名に対し、60名が参加を希望。同大学では、4年間の地道なボランティア活動や告知の継続、学生の積極的な働きかけを応募者増加の理由にあげている。特にツアーの企画を担うプロジェクトリーダーとなった1、2年生は、中学3年の頃に震災を体験。当時は募金程度しか復興支援に協力できず、大学でボランティアに協力したいという思いを叶え、積極的に友だちを誘ったという。

 ボランティアツアーは、学生にとってはアクティブラーニングの一つと位置づけられ、復興支援について考えを深めていく目的もあるという。学生が主体的にプログラム作りに関わり、今年は学生がイラストを描いたクリスマスカードを釜石の人々に手渡しをする予定だ。
《水野こずえ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)