【学校ニュース】KUIS、日本工大、淑徳大学、佛教大、福科大

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。12月12日は神田外語大学、日本工業大学、淑徳大学、佛教大学、関西福祉大学の情報を紹介する。

・【神田外語大学】神田外語大学が12月13日・14日に、三越日本橋本店で「世界のクリスマス 読み聞かせ」&「店内ご案内ツアー」を開催――三越日本橋本店との産学協同プログラム
 神田外語大学(千葉市美浜区/学長 酒井邦弥)は12月13日(土)・14日(日)に、三越日本橋本店(東京都中央区/店長 中陽次)にて同店との産学連携企画「世界のクリスマス 読み聞かせ」&「店内ご案内ツアー」を開催。世界のクリスマスをテーマにした物語の読み聞かせを、同大学生が英語、中国語、スペイン語などで通訳する。このほか、日本語によるツアー形式の店内ご案内の通訳も実施。2020年の東京オリンピック開催を控え、日本橋地域と三越日本橋本店がよりグローバル化する中学生らが世界の言語で情報発信の支援を行う。

・【日本工業大学】日本工業大学の学生がプロジェクションマッピングの要素を取り入れたイルミネーションを実演
 日本工業大学情報工学科・石原研究室の学生が、12月6日(土)に「進修館」(宮代町立コミュニティセンター)でプロジェクションマッピングの要素を取り入れたイルミネーションを実演した。

・【淑徳大学】淑徳大学コミュニティ政策学部の学生が「ECO de CHIBARU」プロジェクトを進行中――イベント資金調達にクラウドファンディングを活用
 淑徳大学コミュニティ政策学部の地域活性化プロジェクトでは、学生が主体となって「ECO de CHIBARU」の企画に取り組んでいる。これは、年末年始に千葉駅前で開催される「千葉都心イルミネーション ルミラージュちば2014」を市民参加型で盛り上げるために、千葉商工会議所の依頼に基づいて学生が企画したもの。なかでも、12月18日(木)に開催される点灯イベントについては、学生らがクラウドファンディングを活用したファンドレイジング(資金調達)に挑戦する。

・【佛教大学】佛教大学社会福祉学部が「世界のバリアフリー絵本展」を12月13日(土)~18日(木)に開催
 佛教大学社会福祉学部1回生が中心となって運営を行う「世界のバリアフリー絵本展」を12月13日(土)~18日(木)に開催する。JBBY(一般社団法人日本国際児童図書評議会)の協力を得て、世界各国から約60種類の絵本を展示する。

・【関西福祉大学】関西福祉大学学友会が、12月14日(日)開催の赤穂市最大のイベント「第111回赤穂義士祭」で「第2回早かごレース」を開催
 関西福祉大学(兵庫県赤穂市)学友会は、12月14日(日)に開催される赤穂市最大のイベント「第111回赤穂義士祭」で「第2回早かごレース」を開催する。これは、義士祭における赤穂駅前通りのにぎわいを創出するとともに、より多くの人々が義士祭に参加し、祭を楽しめることを目的に行うもの。当日はレースの実況や運営を学生が行い、祭の見物客を楽しませる。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)