青山学院大学「教育デザインと情報メディアに関するシンポジウム」12/20開催

教育ICT 学校・塾・予備校

教育デザインと情報メディアに関するシンポジウム
  • 教育デザインと情報メディアに関するシンポジウム
  • プログラム
  • プログラム
  • プログラム
 青山学院大学情報メディアセンターでは、情報システムに関心のある研究者、教職員、学生、情報システムベンダーを対象に「教育デザインと情報メディアに関するシンポジウム―未来の教育へのステップ―」を開催する。青山学院大学青山キャンパス、ガウチャー記念礼拝堂で12月20日(土)に開催する。

 ICTを活用して教育の高度化を図るためには、教育をデザインする教員と、支援体制やハードウェア/ソフトウェア/システムを提供する企業との協働が求められるとして、教育研究機関における情報化のあり方についての議論を深めることがねらい。

 当日は、慶應義塾大学環境情報学部の武藤佳恭教授が特別講演「ICTを活用した学校教育の未来」を行うほか、学校の情報センターの役割、ICT環境を活用できる教員養成、ICTを使ったアクティブラーニングの取り組みなどについて情報交換が行われる。

 参加には、ホームページの参加登録フォームから、事前の登録が必要。

◆教育デザインと情報メディアに関するシンポジウム―未来の教育へのステップ―
日時:2014年12月20日(土)13:00~17:40
会場:青山学院大学青山キャンパス ガウチャー記念礼拝堂(東京都渋谷区)
交通:「渋谷駅」より徒歩10分、「表参道駅」より徒歩5分
参加方法:ホームページの参加登録フォームより事前に登録が必要
参加費:無料
※シンポジウム後の情報交換会(18:00~20:00)は別途参加費4,000円が必要
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)