【学校ニュース】白鴎大学、城西大学、玉川学園、京都外国語大学

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。12月17日は白鴎大学、城西大学、玉川学園、京都外国語大学の情報を紹介する。

・【白鴎大学】白鴎大学が12月20日に「第10回白鴎大学ダンス発表会」を開催――学生や卒業生、地域の子どもたちが出演
 白鴎大学(栃木県小山市)は12月20日(土)に「第10回白鴎大学ダンス発表会」を開催する。同大学生や卒業生のほか、地元の小山市内や近隣在住の幼児から中学生までを対象とする「白鴎大学ダンスアカデミー」の受講生らが出演する。今年で10回目。

・【城西大学】城西大学が12月2日にルーマニアの「テオトコス少年少女合唱団」を招き、クリスマスコンサートを開催
 学校法人城西大学(水田宗子理事長)は12月2日、東京紀尾井町キャンパス(東京都千代田区)のホールで、「テオトコス(主の母マリア)少年少女合唱団」によるクリスマスコンサートを開催した。これは、城西大学エクステンション・プログラム受講者の懇親イベントの一環として行われたもので、一般の市民も多数参加。ルーマニアのクリスマスキャロルやインターナショナルなクリスマスソング、日本の歌など約20曲を、清らかなハーモニーで響かせた。

・【玉川学園】新しい国際的な学習、IBクラスへつなげる準備教育 文部科学省「教育課程特例校」申請予定3歳と6歳から始まる日本語と英語のバイリンガルプログラム――玉川学園「BLES(ブレス)」スタート “Bilingual Elementary School”~2016年4月開設予定
 玉川学園では2016年4月より、小学1年生から「BLES(ブレス)クラス」を、3歳からBLESクラスの準備教育として「BLES-Kinder(BLES-K)プログラム」をスタート(予定)する。「玉川学園BLES」では、幼稚園・小学校段階でのバイリンガル教育を行い、日本語と英語の両方を身につけ、国際社会で必要な学力と資質を育てることを目標に展開していく。そして玉川学園で導入している国際バカロレア(IB)クラスへ、6年生(※1)からMYPをスタートするための十分な準備教育を行い、国際化する大学進学への起点としていく。(※1) 現在、MYPは7年生から実施。2021年度から6年生でのMYPを開始する予定。

・【京都外国語大学】金沢工業大学の学生がシンガポール、インドネシアの学生と製品化に取り組む
 金沢工業大学では、グローバル人材育成プログラム「ラーニングエクスプレス」の一環として、12月17日(水)より扇が丘キャンパスで、シンガポール、インドネシアから招聘した大学生10名と金沢工業大学の学生が共同で、インドネシアの村でのフィールドワークで創出した解決策の製品化に取り組む。当成果発表会を12月20日(土)17時から金沢工業大学扇が丘キャンパスで開催する。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)