無料アプリ「育児助成金白書」…国や地方自治体のサービスを一括紹介

 Webサイトの運営などを手掛けるルフトは、育児家庭が受けられる国や都道府県、市区町村、各種団体からの助成金やサービスをまとめたアプリ「育児助成金白書-TOKYO-」(イクハク)をリリースした。アプリは無料で、アップルストアからダウンロードする。

教育ICT ソフト・アプリ
アプリ「育児助成金白書」
  • アプリ「育児助成金白書」
  • 絞り込み検索ができる
  • 東京都中央区の助成金やサービス
  • アップルストアからダウンロードする
 Webサイトの運営などを手掛けるルフトは、育児家庭が受けられる国や都道府県、市区町村、各種団体からの助成金やサービスをまとめたアプリ「育児助成金白書-TOKYO-」(イクハク)をリリースした。アプリは無料で、アップルストアからダウンロードする。

 ルフトによると、子育て家庭の助成金などに関する制度やサービスは100件以上あり、東京都港区だけでも300件を超えるという。管轄が分散してわかりにくい制度や知らない制度も「イクハク」で確認することができる。アプリ内で自分の住む地域を選択するだけで、受けられる制度が表示される。

 スタッフが各自治体や団体から手作業で情報を収集。制度が多数あるので、「お金」「医療」「保育、教育」「相談」「生活」「その他」と絞り込んでの検索が可能。「ひとり親」「障害児を持つ家庭」のほか、子どもの一時預かりサービスについても掲載している。各団体や制度の問い合わせ先も記されている。

 今回のリリースは東京版だが、今年3月末までに神奈川版、大阪版、埼玉版、愛知版を順次公開予定。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)