【センター試験2015】代ゼミが英語(筆記)の問題分析を公開

 代々木ゼミナールは「2015年度大学入試センター試験速報」ページにて英語(筆記)の問題分析を掲載した。出題内容や難易度、および設問ごとの分析や過去5年間の平均点を閲覧できる。

教育・受験 受験
代々木ゼミナール 2015年大学入試センター試験速報
  • 代々木ゼミナール 2015年大学入試センター試験速報
  • 英語 問題分析
 代々木ゼミナールは「2015年度大学入試センター試験速報」ページにて英語(筆記)の問題分析を掲載した。出題内容や難易度、および設問ごとの分析や過去5年間の平均点を閲覧できる。

 総評では、「第2問を中心として若干形式の変化が見られたものの、全体の難易度はほぼ昨年並み」と分析している。大問数は6で、昨年と変化がなく、設問数は49問、解答数は55でいずれも昨年度と同じだった。

 出題形式では、多少の変更があったものの出題分野や内容としては例年通りだったことから、「発音・アクセント、文法・語法・語彙をはじめ、会話文完成、語句整序、文脈・要旨把握、図表情報把握、説明文読解など、幅広く英語力を測る出題であった」と解説している。

 情報は今後も更新される予定で、問題分析のほかセンター試験の問題をPDF形式で閲覧できる「問題」、センター試験の自己採点用に全科目の正解と配点などをまとめて印刷できる「正解と配点」ページも順次掲載予定としている。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)