【大学受験2015】東進が私大入試解答公開中…20年分の過去問も掲載

教育・受験 学校・塾・予備校

過去問データベース
  • 過去問データベース
  • 過去問題を演習した回数
  • 第1志望の過去問題演習量
 東進はホームページで「大学入試問題過去問データベース」を公開中。現在、2015年度大学入試解答速報を試験翌日から公開している。また、難関国公立大学や私立大学の過去問題を無料で閲覧でき、大学の過去問題やセンター試験を20年分掲載しているのが特徴だ。

 データベースでは国公立、私立大学あわせて172大学の過去問題を掲載。東京大学、京都大学などおもな国公立大学の2次個別試験、早稲田大学、慶應義塾大学などの難関私立大学の入学試験問題については解答も掲載している。

 既に今年度の入試解答を公開しているのは早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学、東京理科大学、立教大学、法政大学、中央大学、関西学院大学、関西大学、同志社大学、立命館大学、順天堂大学、東京慈恵会医科大学、日本医科大学など。

 東進によると、過去問題の演習は、国公立大学の2次試験や私立大の学部入試で出題傾向が異なることから、大学がどのような力を求めているのかを知る良い機会だという。実際に難関大学を現役合格した生徒で過去問題を2回以上演習した人は5割いた。さらに旧7帝大の過去問題を10年分演習したというデータもある。

 データベースには、1995年度の大学入試センター試験から最新の2015年度まで20年分を掲載。慶應義塾大学も1995年度から、早稲田大学は1996年度からの過去問題を掲載している。利用は無料だが、ユーザーIDの登録が必要。

 データベースでは、入試翌日から解答速報を公開。国公立大学の2次個別試験前期日程は2月25日から、中期日程は3月8日から、後期日程は3月12日から実施される。
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)