Wordで作ったテストをタブレット向けに変換…大日本印刷が開発

教育ICT 学校・塾・予備校

従来のテスト教材(左)と同システムを活用したテストの様子
  • 従来のテスト教材(左)と同システムを活用したテストの様子
  • DNPのホームページ
  • マイクロソフト教育機関向けサイト
 大日本印刷(DNP)は2月5日、日本マイクロソフトと連携して、学校の授業で使用するテストをタブレット端末で解答・採点できる「DNP学校向けデジタルテストシステム」を開発したと発表した。Wordで作った小テストをタブレット端末用のデジタルテストに変換できるという。

 学校では現在、教師が児童・生徒の理解度を把握し、指導に反映するために小テストを実施しているが、ひとりひとりがどこまで理解でき、どこでつまずいてしまったのか、といった詳細な把握をすることは難しいという。また、小中学校でタブレット端末の導入が進んでいることから、DNPはタブレット端末上でテストを行い、解答までのプロセスの把握やテスト結果の集計が容易にできるデジタルテストシステムを開発した。

 多くの小テストは、教師がマイクロソフトの文書作成ソフト「Word」で作成しているため、日本マイクロソフトと連携し、Wordで作った小テストをタブレット端末用のデジタルテストに変換できるようにした。教師の自作テストだけでなく、自治体や教材会社などがこれまで作成した教材をタブレット端末で使用することができる。

 教師は、回収した解答を端末上で集計し、生徒ごとの合計点や問題ごとの正答率や解答時間をExcel形式のデータで確認できる。また、自動採点が難しい記述問題などを教師が目視で採点する機能にも対応しているほか、動画再生機能を利用すれば、答えを記述していく過程が把握できるため、生徒がつまずいた箇所がわかり、より細やかな指導につなげることができる。

 価格は、オープン価格(校内フリーライセンス)。すでに福岡県の県立高校で採用が決定したほか、全国10数校の公立小中学校で具体的導入を想定した実証実験を3月に開始する。

 今後、DNPはタブレット端末導入済みまたは導入予定のある学校や自治体を中心に、2015年3月より協力会社を通して販売し、2015年度で1,500校への導入を目指す。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)