【高校受験2015】直前アドバイス…励ましより褒め、理社は最後にもうひと伸び

 いよいよ、2015年の高校入試シーズンが本番を迎える。小・中学受験などを経験していない方にとっては、初めての入試経験ということになるだろう。そんなご家庭の場合は特に、受験直前、そして当日に不安を抱く方も多いのではないだろうか。

教育・受験 受験
マネージャーの中村恵梨氏
  • マネージャーの中村恵梨氏
  • インタビューに応える中村氏
  • 完全マンツーマンの個別指導
  • 自習室は夜10時まで利用できる
◆やっておきたいのは逆算スケジュールを立てること

--志望校に合格した先輩方の事前準備で、参考になるものがあれば教えてください。

中村氏:受験日までの逆算スケジュールを立てたのがよかったようです。試験直前は、どんな生徒でもあせるものなので、そうならないために試験までの逆算スケジュールを立てて、それに沿って過ごすのがお勧めですね。

 気持ちがあせっていると、生活リズムが崩れてしまいます。そうなると体調に響きますし、吸収力も落ち、余計にあせりの気持ちが大きくなってしまいます。なので、スケジュールはとても大切です。ITTO個別指導学院では、個人面談でアドバイスをしていますので、先輩たちは直前まで落ち着いて毎日を過ごしていましたし、当日もリラックスして臨めたようです。

 また、入試当日に持参する、休み時間に見るノートを今作っておく、というのもお勧めです。重要ポイントを押さえた5科目の簡単なノートを作成すると、復習にもなりますし、当日心の余裕も生まれると思います。受験を成功させた生徒たちは、それで合格をつかみとっています。

◆試験当日、体調がすぐれない場合は

--当日、試験会場で体調が悪くなった場合、継続して受験したいという生徒もいると思います。

中村氏:無理せずに、試験会場では係の方へ伝えたほうがよいでしょう。その際、受験できる状態かどうか、体調確認が行われると思います。体調がすぐれないと、力が発揮できなくなりますので、無理は禁物です。

◆保護者の方へのアドバイス、受験生へのメッセージ

--まもなく受験を迎える受験生の保護者へのアドバイスをお願いいたします。

中村氏:受験間近になると、つい「がんばって、がんばって!」という励まし方をされる保護者の方も少なくありません。でも、受験生は今、必死にがんばっていますので、励ますより、むしろ褒めてください。親があせると、お子さまは余計にあせってしまうので、これまでと変わらないように接することが、子どもたちにとって一番よいと思います。

ー最後に、受験生へのメッセージと応援のエールをお願いできますか。

中村氏:まもなく受験本番ということで、あせりや不安が日々大きくなっているのではないかと思います。しかし、今まで積み重ねてきたことや、目標に向かって勉強してきたことは、必ず力になっています。だから、最後まで自信をもって試験に臨んでください。「これだけやってきたんだ!」という自信をしっかりもっていれば、必ずよい結果につながるはずです。

--ありがとうございました。

 ITTO個別指導学院は、小学生から高校生を対象に完全マンツーマンから、最大で講師1名につき生徒3名を指導する個別指導塾を全国で展開している。特に学習環境にこだわり、児童生徒が勉強に集中できる環境を提供し、自習室も開放している。

 イードは、2014年11月12日から2014年11月27日、通塾している小学生・中学生・高校生・既卒生(大学受験生)のお子さんをもつ保護者を対象に塾の顧客満足度調査を実施し、「イード・アワード2014塾」として発表。ITTO個別指導学院は、中学生/個別指導において部門賞を受賞した。
《船田るみ子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)