「HEAR 子どもの声を聴こう」辻仁成氏の理想はクレヨンしんちゃん親子

教育・受験 その他

トークセッション中の辻氏と小竹氏
  • トークセッション中の辻氏と小竹氏
  • にこやかに話す、働くお父さん代表の辻仁成氏
  • フリーランス保育士の小竹めぐみ氏
  • スマホとつながる動物型おもちゃ「TOYMAIL」
  • 「TOYMAIL」を手にする辻仁成氏
  • B&Bのエントランス前
  • トークセッションの会場
  • 「TOYMAIL」HEARプロジェクト ホームページ
 トークイベントなどを積極的に行っている書店の下北沢B&Bで2月24日、イベント「HEAR(ヒアー)子どもの声を聴こう」が行われた。同イベントには、芥川賞作家で詩人・ミュージシャン・映画監督・演出家と多方面で活躍する辻仁成氏が「子どもおもいの働くお父さん」代表として登場。フリーランス保育士として、子どもがよりよく育つための環境づくりを進めている、こどもみらい探求社共同代表の小竹めぐみ氏を相手に、子連れの保護者らを前に、子どもとの付き合い方、コミュニケーションなどについて語った。

 このイベントは、子ども支援専門の国際組織である公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンが進める「HEARプロジェクト」を広めるために企画されたもの。子どもの声を聴き、子どもに寄り添い、世界中の子どもたちを支援することを呼びかける同プロジェクトに賛同し、子どもの声を聴くことの重要さを広めていくことが目的だ。

 「HEARプロジェクト」では、「身近な子どもの声を聴いていますか」と問いかける意味を込め、スマホとつながる動物型おもちゃ「TOYMAIL」を採用している。この「TOYMAIL」は、子どもがおもちゃにしゃべりかけると、保護者のスマホに録音された声が届き、保護者が話した言葉はおもちゃの声になって子どもに届くという、新しいコミュニケーションツール。「HEARプロジェクト」サイトから購入でき、売上の一部はセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンの活動を通して、支援を必要とする世界中の子どもたちの生活に役立てられる。

 「HEARプロジェクト」運営スタッフによる活動紹介のあと、辻仁成氏と小竹めぐみ氏によるトークセッションが行われた。フリーランス保育士の小竹氏が「育児において、父親は弱者かもしれません。特にシングルファーザーは大変じゃないですか。」と尋ねると、辻氏は「たしかに男手で育てるって大変で、昨年夏に離婚してからは特にがんばらなければと思ってやってきたのですが、子どもが11歳なのでこの子が世に出るまでと思うと、まだ10年以上。働いて学費を出さないといけないし、子どものごはんを毎日作らないといけない。飲み会でもいいのですが、シングルファーザーの親父たちが集まって、お互い励まし合うような場所があってもいいのかもしれません」と答えた。
《大倉恭弘》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)