【高校受験2015】長崎県公立高校の出願状況(確定)、長崎西(理系)1.9倍

教育・受験 学校・塾・予備校

長崎県公立高校入試 出願変更後の最終出願状況
  • 長崎県公立高校入試 出願変更後の最終出願状況
  • 出願倍率の高い高校・低い高校
  • 学校別出願状況一覧(一部)
 長崎県は2月26日、平成27(2015)年度公立高校入試の出願変更後の状況を発表した。出願変更者は151人で、全体の1.8%が出願変更した。全日制の最終出願状況は、学力検査定員の7,700人に対し、7,938人が出願。倍率は1.03倍となった。

 出願変更は2月20日~2月26日の期間で受け付けた。結果、異なる高校間における出願変更を行ったのは75人で42校に影響、同一高校内での出願変更は76人で21校に影響した。

 最終出願状況は、全日制で、学力検査定員7,700人に対し出願者7,938人、倍率1.03倍。出願変更前と倍率は変わらず、前年度の1.06倍から0.03ポイント減となった。定時制では、夜間部学力検査定員333人に対し出願者167人、倍率0.50倍。昼間部学力検査定員155人に対し出願者144人、倍率0.93倍となった。

 学校別の出願倍率は、長崎工業(情報技術)、佐世保工業(電子工学)および佐世保工業(建築)がともにもっとも高く2.0倍。佐世保工業は出願変更前の2.2倍から減少した。ついで長崎西(普通理系)1.9倍、長崎北陽台(理数)1.9倍となった。出願者数が定員に満たなかった全日制の学校・学科数は、38校51学科で確定、前年より5校増えた。

 学力検査は3月10日(火)に国語、英語、理科の3教科が、11日(水)に社会、数学の2教科と実施する学校のみで面接が行われる。合格発表は3月18日(水)午前9時30分。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)