消費支出は5.1%減、教育費は3.6%増…総務省の家計調査報告

 総務省は2月27日、2人以上の世帯を対象とした「家計調査報告」の平成27年1月分速報を発表した。1世帯当たりの消費支出は28万9,847円で、前年同月比5.1%の減少となった。一方、教育費は10,217円で、前年同月より3.6%増加した。

生活・健康 その他
家計調査(二人以上の世帯)平成27年1月分速報
  • 家計調査(二人以上の世帯)平成27年1月分速報
  • 消費支出の推移
  • 勤労者世帯の収入の推移
  • 消費支出の内訳
 総務省は2月27日、2人以上の世帯を対象とした「家計調査報告」の平成27年1月分速報を発表した。1世帯当たりの消費支出は28万9,847円で、前年同月比5.1%の減少となった。一方、教育費は10,217円で、前年同月より3.6%増加した。

 1世帯当たりの消費支出は、前年同月比5.1%減の28万9,847円。前月比では0.3%のダウンで、消費支出は10か月連続の減少となった。住居や自動車購入などを除いた消費支出は24万4,302円で、前年同月比4.7%の減少。

 勤労者世帯の実収入は、1世帯当たり44万226円で、前年同月比2.3%の減少。勤労者世帯の実収入の減少は、これで16か月連続となる。

 消費支出、実収入ともに減少傾向にある中、教育費は3か月連続で増加。1万217円で、前年同月比3.6%の増加となった。特に私立大学や専修学校の授業料が支出増加に影響した。

 教育費以外では、保健医療費が1万2,515円で、前年同月比2.8%の増加となった。このほか、食料、住居、光熱・水道、家具・家事用品、被服および履物、交通・通信、教養娯楽の各項目は、いずれも前年同月より減少した。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)