数学甲子園2015、4/21より参加チーム募集を開始

教育・受験 その他

数学甲子園ロゴ
  • 数学甲子園ロゴ
  • 「数学甲子園2014」優勝 灘高等学校「おめがチーム」
  • 「数学甲子園2014」本選/競技中の様子
  • 参加学校数・参加チーム数推移
 日本数学検定協会は、第8回全国数学選手権大会「数学甲子園2015」の参加申込みを4月21日から受け付けると発表した。8月の地域予選を経て、9月20日東京にて本選を行う。申込み締切りは6月22日。

 数学甲子園は、全国の中学校・高校が3~5人のチーム対抗戦によって数学の能力を競う大会。数学の問題を解く力だけでなく、「問題解決能力」「チームワーク力」「創作力」「プレゼンテーション能力」など幅広い能力を使い数学日本一を目指す。

 参加チーム数は2008年の第1回から年々増え続けており、昨年は42都道府県から189校368チーム1,473人が参加。兵庫県の「灘高等学校・おめがチーム」が優勝した。

 参加チームの募集は4月21日から6月22日まで行い、8月5日から10日の6日間に全国12都市で地域予選を行う。9月20日の東京本選には36チームが参戦できる。

 同一の中学校、高等学校、中高一貫教育校、高等専門学校(3年生まで)の生徒3~5人でチームを編成。学年や男女混成については不問で、同一校から何チームでも参加可能。参加は無料。

 「数学甲子園2015」の公式ホームページは4月1日に公開予定だが、2014年までの過去問題は同URL「数学甲子園2014」でダウンロードできる。

◆数学甲子園2015(第8回全国数学選手権大会)
本選開催日:2015年9月20日(日)
予選開催日:2015年8月5日(水)~8月10日(月)
予選開催会場:札幌市・仙台市・郡山市・東京都(23区内)・金沢市・名古屋市・京都市・大阪市・岡山市・福岡市・熊本市・那覇市
予選チーム編成:同一の中学校、高等学校、中高一貫教育校、高等専門学校(3年生まで)に在学する生徒または学生で、各チーム3~5人の選手で編成。申込み時にリーダーを1人選出。
※学年や男女混成については不問
※同一校から何チームでも参加可能
申込方法:参加申込書を公式ホームページからダウンロードし、電子メールまたは郵送で申し込む
申込期間:2015年4月21日(火)~6月22日(月)
参加費用:無料
※会場までの交通費・宿泊費等は、各チーム・学校で負担
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)