電子レンジに発煙や発火の危険性、原因は汚れと加熱しすぎ…国民生活センター

生活・健康

電子レンジの発煙や発火などに関する相談の年度別の推移
  • 電子レンジの発煙や発火などに関する相談の年度別の推移
  • .電子レンジによる加熱(イメージ)
  • 庫内壁面の発煙・発火テストの例
  • 単機能電子レンジを用いた食品加熱テストの例
  • オーブンレンジの電子レンジ機能を用いた食品加熱テストの例
  • 取扱説明書や添付文書に記載された注意表示の例(庫内が汚れた状態で使用しない)
  • 取扱説明書や添付文書に記載された注意表示の例(食品を加熱しすぎない)
 庫内の汚れや加熱しすぎが原因で、電子レンジが発煙・発火する恐れがあると、国民生活センターは3月19日、消費者に注意喚起と情報提供を行った。消費者には、こまめな手入れ、適切な加熱設定などを助言している。

 電子レンジの発煙や発火に関する相談は2009年度から2015年1月末まで、全国の消費生活センターに669件寄せられている。このうち、庫内の発煙・発火に関するものと確認できたものは、少なくとも359件あり、74件が汚れ付着など、122件が食品を原因とした発煙・発火だった。

 「庫内側面から火花が出た」「電子レンジで野菜を加熱していて、野菜から火が出た」など、発煙・発火の形態は一様ではないという。

 そこで、相談事例をもとに電子レンジの庫内壁面と食品の発煙・発火について1~2月にテストを実施。その結果、庫内壁面ではマイクロ波の出口カバーに食品カスが付着したまま加熱すると、その部分にマイクロ波が集中し、発煙・発火することを確認した。

 庫内においては食品を加熱しすぎると発煙・発火し、危険な状態となった。中でも、サツマイモ、ジャガイモ、ニンジンなど根菜類、ご飯、パン類の事例が目立ったという。

 テストした電子レンジの取扱説明書や添付文書には、「庫内が汚れた状態で使用しない」「食品を加熱しすぎない」という表示がされていた。

 同センターでは消費者に対し、「こまめに庫内を手入れし、汚れた状態で使用しない」「取扱説明書をよく読み、食品を加熱しすぎない」「万一、庫内で発煙・発火したときは、動作を停止させて電源プラグを抜き、扉を開けずに煙や火が収まるのを待つ」という3点をアドバイス。

 業界に対しては、事故を未然に防止するため、発煙・発火の危険性、手入れの重要性など、消費者に対するさらなる啓発活動を要望するとしている。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)