公文、英語で夢を発表しあうイベント4/19大阪にて開催

教育・受験 学校・塾・予備校

公文「English Immersion Camp」公式サイト
  • 公文「English Immersion Camp」公式サイト
  • 東北トリップ
  • 公文 公式サイト
 公文教育研究会は4月19日、子どもたちが自分の夢や目標、社会に対する問題意識などについて英語で発表するイベント「第8回 Ambassadors of Peace Network」(APN)を大阪にて開催する。

 同イベントは、公文が主催する「English Immersion Camp」(EIC)に過去に参加した子どもたちとその保護者、さまざまな国や地域出身のキャンプリーダーなど、約250名が参加する予定。

 EICは、2001年より毎年夏に開催されているもの。EICのネットワークは70か国を超えており、子どもたちは、世界各国から集まった学生キャンプリーダーやスタッフたちと、英語での共同生活に挑戦する。2014年の夏には361人の子どもたちが参加したという。

 APNでは、EICに参加した子どもたちが、その後に行った活動や将来の夢、目標について英語で発表を行う。EICに参加して英語でコミュニケーションをはかる楽しさを知った子どもたちが、中学生や高校生、大学生になって英語学習にどのように取組み、将来像を描いているのか、成長した姿を見ることができる。

 当日は、そのほかワークショップやインドネシアや東北の被災地を訪れたメンバーによるプレゼンテーションなども行われる。EICの主旨により、プログラムはできるだけ英語を使用して進行するという。参加対象は、過去のEIC参加者、その家族、キャンプリーダー、公文の講師、スタッフ・関係者。参加には事前の申込みが必要。

◆第8回 Ambassadors of Peace Network
日時:2015年4月19日(日)
会場:公文教育会館(大阪市淀川区西中島)
対象:過去のEIC参加者、その家族、キャンプリーダー、公文の講師、スタッフ・関係者
参加費:1,000円(税込・昼食代含む)
申込方法:公文Webサイトより申込み
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)