Z会とデジタル・ナレッジが業務提携…教育ICTの新サービス開発へ

教育ICT その他

Z会
  • Z会
  • デジタル・ナレッジ
 Z会とデジタル・ナレッジは4月10日、教育現場における高品質なICTの実現に向けて業務提携することに合意したと発表。両社の強みを生かして、教育ICT事業のニーズに対応した新サービス開発を目指すという。

 昨年末に政府が「2020年までに1人1台の情報端末配備」を閣議決定するなど、今後教育ICTの急速な普及が予想される中で、今回の業務提携は両社の強みを生かした高品質な新サービスの開発や提供を目的に行われた。

 Z会は、全国の難関校志願者を対象とした通信教育事業、対面教育事業、出版事業、検定事業および学校市場での模試・教材販売など、幅広いチャネルを活用した教育サービスを提供している。一方、デジタル・ナレッジは、日本初のeラーニング専門企業としてeラーニングの立ち上げに関わるテクノロジ開発、運営などすべてを提供するワンストップメニューを展開。これまで学校や企業など1,000を超える組織に、eラーニングを開発・提供している。

 今後は、両社の強みである「教育」「テクノロジ」や築き上げてきたノウハウ、技術力、販売力を相互に活用、融合し、学校向け新サービスの企画や開発、教育現場でのICT活用をサポートするコンテンツ・ツールの開発など、教育ICT事業のニーズに対応していきたいとしている。
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)