キングジム、スマホで子どもの迷子を知らせる「デジタル迷子ひも」発売

デジタル生活 モバイル

「デジタル迷子ひも」はスマートフォンとセットで使用する無線機器。Bluetooth4.0で通信を行う(画像はプレスリリースより)
  • 「デジタル迷子ひも」はスマートフォンとセットで使用する無線機器。Bluetooth4.0で通信を行う(画像はプレスリリースより)
  • 無料の専用アプリはiOS版とAndroid版を用意。スマートフォンと本製品がどれだけ離れた際にアラームを鳴らすかなどを設定可能だ(画像はプレスリリースより)
 キングジムは21日、子どもが一定距離以上離れるとスマートフォンのアラームで知らせる「デジタル迷子ひも」を5月15日に発売すると発表した。価格は4,104円。

 「デジタル迷子ひも」は、10円玉に1cmほどの厚みを付けた大きさの、キーホルダーのようなアイテム。内部にボタン型電池が収納されており、最大1,000時間ほど稼働する。

 子どもに「デジタル迷子ひも」本体を持たせておき、親は無料の専用アプリをインストールしたスマートフォンを持つ。この状態で、子どもが親から指定距離以上離れると、スマートフォンのアラームが鳴り知らせる仕組み。通信にはBluetooth4.0を使用する。

 アラームが鳴る距離は、約8m~30mまでの4段階で設定可能。GPSとは連動しておらず位置を特定することはできないが、スマートフォンから「デジタル迷子ひも」本体のアラームを鳴らして、音の出元を探すことができる。逆に、本体からスマートフォンへも、アラームを鳴らすことができる。

 キングジムでは、子どもに持たせるだけでなく、置き忘れやすい荷物にも使えるとしている。スマートフォン1台あたり、「デジタル迷子ひも」を5個まで同時に管理できる。

 「デジタル迷子ひも」は重さ約7g、大きさはW30×H37×D8mm。本体は白色で、赤または緑色のループをはめて使用する。専用アプリはiOSとAndroidに対応する。

スマホで子どもの迷子を知らせる「デジタル迷子ひも」をキングジムが発売

《小菅@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)