アプリと連携して子どもを見守る、位置検索サービスの端末販売開始

デジタル生活 モバイル

端末はコイン形リチウム電池CR2450で動作する。子供のランドセルやカバンなどに取り付けて使用することが想定されている(画像はプレスリリースより)
  • 端末はコイン形リチウム電池CR2450で動作する。子供のランドセルやカバンなどに取り付けて使用することが想定されている(画像はプレスリリースより)
  • 「キンセイ」用のアプリのイメージ画面。本アプリも無料で提供され、ビーコン技術を利用した位置情報検索が行える(画像はプレスリリースより)
 HAMOLOは8日、スマートフォンアプリと連携して子供の位置情報を確認できる「キンセイ」端末の販売を開始した。端末を購入すれば、無料で子ども見守り位置検索サービスを受けられる。

 専用端末はビーコン技術によりBluetoothでの電波を発信し、アプリがインストールされた複数の一般ユーザー(サポーター)のスマートフォンが位置情報をキャッチする。位置情報を把握したい子どもや高齢者に小型の専用端末を持たせ、サポーターの端末からの情報をもとに位置情報が把握できる仕組みとなる。

 位置情報の精度を高めるためにはサポーターの数が多いことが必須となるが、同社が運営するスポーツ団体や幼稚園・保育園に特化した顧客管理システム「PiCRO」会員(現在14万人)に向けたスマートフォンアプリにサポーター機能が搭載されるといった施策も行われている。

 またサポーターの有無に関係なく、単体で登録されたスマートフォンから距離が離れて電波の受信ができなくなった場合の「迷子アラート」機能を使用することもできる。

 キンセイ端末の価格は5,500円。Android4.3以降、iOS7.1以降を搭載したスマートフォンに対応する。サービスを使用するにはFacebookのアカウントが必要となる。

子ども見守り位置検索サービス「キンセイ」の端末が販売開始

《小菅@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)