【学校ニュース】駒澤大、中央大、北海道情報大、城西大、帝京大、関東学院大

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。5月15日は駒澤大学、中央大学、北海道情報大学、城西大学、帝京大学、関東学院大学の情報を紹介する。

・【駒澤大学】駒澤大学グローバル・メディア・スタディーズ学部が開設10年目で記念事業を開催――第1弾はインフォバーンと共同で「恋と就活に効くマーケティング講座」
 駒澤大学(東京都世田谷区/学長:廣瀬良弘)グローバル・メディア・スタディーズ(GMS)学部は、このたび2015年4月で開設から10年目の節目を迎えた。同学部では創立10周年記念事業を多数企画しており、これから随時開催。第1弾となる今回は、インフォバーンと共同で5月16日・23日の2回にわたり「恋と就活に効くマーケティング講座」を開催する。メディア企画のプロセスを合コンになぞらえるユニークなプログラムとなっており、対象はメディア業界への就職に興味のある同大学2年生以上の学生。参加無料。

・【駒澤大学】駒澤大学禅文化歴史博物館が6月10日、24日に実践セミナー「写経と禅語に親しむ」を開催
 駒澤大学(東京都世田谷区/学長:廣瀬良弘)禅文化歴史博物館は、6月10日と24日の2回にわたって、第28回・29回実践セミナー「写経と禅語に親しむ」を開催する。これは、写経や禅語の書写を通して、一般の人に禅文化を体験してもらうことを目的に行うもの。参加者の作品は、同博物館で開催される「禅語作品展示会」にて公開される。経験の有無は問わない。要事前申し込み、一般の参加費3,000円。連続して参加できる方のみ受講申込みが可能。

・【中央大学】中央大学が5月18日にFLP環境プログラム・佐々木創ゼミの「リユース市」の報告会を開催
 このたび、中央大学FLP環境プログラム・佐々木創ゼミが主体となり進めている「リユース市」の取組みが、環境省より「平成26年度使用済製品等のリユースに関するモデル事業」に採択された。これを受けて同大では、リユース市の総括として、廃棄物削減効果や波及効果、今後の課題と対策などの分析をもとに、5月18日に報告会を開催する。

・【北海道情報大学】北海道情報大学が、子育て世代の「食と健康」がテーマのイベント「ヘルシートーク」を開催
 北海道情報大学は子育て世代の「食と健康」をテーマにしたトークイベントを5月26日に開催する。

・【城西大学】城西大学が6月6日、東京紀尾井町キャンパスで講座「歴史考古学への招待~モノから迫る近世列島史~」を開講
 城西大学は6月6日、東京紀尾井町キャンパスで講座「歴史考古学への招待~モノから迫る近世列島史~」を開講する。これは、社会人らを対象とした生涯学習の場である「城西エクステンション・プログラム」の一つ。今回は、同大経営学部助教の石井龍太氏が、近世琉球史から「墓と喫煙」をテーマに講義する。要事前申込み。定員60人。受講料1,000円。

・【帝京大学】OBで元千葉ロッテマリーンズ捕手の里崎智也氏が5月19日、八王子キャンパスで「ハイタッチ活動」に参加――帝京大学
 帝京大学硬式野球部出身の里崎智也氏(元千葉ロッテマリーンズ捕手)が5月19日、八王子キャンパスに来学し、学生たちへの激励のため「ハイタッチ活動」に参加する。当日は、学内のブックセンターにてサイン会も実施。

・【関東学院大学】関東学院大学と湘南信用金庫が産学連携協定を締結~5月21日に横浜・金沢八景キャンパスで協定調印式~
 関東学院大学(本部:神奈川県横浜市金沢区 学長:規矩大義)と湘南信用金庫(本店:神奈川県横須賀市 理事長:石渡卓)は、産学連携を促進するための協定を締結する。5月21日には、協定の調印式を関東学院大学の横浜・金沢八景キャンパスで開催。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)