大日本印刷、武雄市の小学校でタブレットとデジタルペンの実証研究

教育ICT 学校・塾・予備校

大日本印刷(DNP)のホームページ
  • 大日本印刷(DNP)のホームページ
  • 佐賀県武雄市のホームページ
 大日本印刷(DNP)は、タブレット端末の記述式ワークシートにデジタルペンを活用する実証研究を佐賀県武雄市の小学校で4月に開始した。実証研究は2016年3月まで実施し、2016年度以降に自治体への本格的な導入を目指す。

 武雄市では2010年よりICTを活用したスマイル学習を実施。児童がタブレット端末を自宅に持ち帰り、授業を撮影した動画の視聴や記述式ワークシートなどの予習によって知識を習得したうえで主体的に授業に臨む「反転授業」を行っている。

 しかし、ワークシートの記述量が多く、タブレット端末に直接書き込むことが難しいことから、紙に印刷して手書きで解答していた。そのため、児童の解答をデジタルデータで残すことができず、電子黒板に投影したり、今後の指導に活かしたりすることが困難だったという。

 そこでDNPは、記述式ワークシートとして専用紙を使用し、デジタルペンで書いた内容をペンの内蔵カメラが撮影して瞬時にデジタルデータとして保存することで、書きやすさとデジタルデータ化を実現した。

 実証実験は、2015年4月~2016年3月の1年間、佐賀県武雄市立武内小学校で行う。デジタルペンを活用した効果検証は、武内小学校だけでなく武雄市内の小学校に広く展開し、2016年度以降の自治体への本格的な導入を目指すとしている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)