カスペルスキーと静大、小中学校向け情報モラル診断サービス開発

教育ICT ソフト・アプリ

質問画面
  • 質問画面
  • 教師専用ページ:トップ画面
  • 教師専用ページ:診断結果分布図
  • 教師専用ページ:全国対比グラフ
 カスペルスキーと静岡大学は19日、小学校4年生から中学校3年生の児童・生徒を対象とした「情報モラル診断サービス」を、共同開発したことを発表した。同日よりWebを通して無償提供を開始する。

 「情報モラル診断サービス」は、ネット依存、ネットいじめ、犯罪被害の防止を目的に、生徒のインターネットの利用状況を診断するサービスだ。使用状況・モラル・セキュリティ・法などに関する質問を検定形式で行い、
80点以上が合格となる。

 結果は分かりやすく可視化され、児童・生徒は「生徒用マイページ」で、回答結果と解説、診断履歴が確認できる。一方、教員は、「教師専用ページ」で、事前にクラス情報や児童・生徒情報(新規登録、編集、パスワードリセット、診断履歴)の登録や、問題および解説を確認できる。全国対比や分布図などのデータも提供される(全国平均は、 内閣府「青少年のインターネット利用環境実態調査データを利用)。これにより、実情に沿った効果的な指導を行うことが可能。

 無償提供期間(2015年度版)は2016年3月31日まで。公式サイトより申し込むことで利用可能。

小中学校向けの情報モラル診断サービス、カスペルスキーと静大が開発

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)