城北埼玉中学・高等学校、人型ロボット「Pepper」で学校説明会5/23

教育・受験 学校・塾・予備校

学校説明会の広告
  • 学校説明会の広告
  • 城北埼玉中学高等学校Facebookページ
 城北埼玉中学・高等学校(城北埼玉)は21日、日本の私立中学校として初めて、ソフトバンクモバイルの人型ロボット「Pepper」を活用した学校説明会を開催することを発表した。

 「Pepper」は、2014年9月から開発者向けに販売されており、テレビ東京系列「おはスタ645」の月~金レギュラーを務めるほか、テレビCMにも登場している。また音声会話機能を活かし、各種店舗での接客用途での利用もスタートしている。

 今回城北埼玉では、さまざまな変化への適応に向けた試行錯誤の一環として、説明会での活用を開始。(5月23日から受験シーズンまで、定期開催される「2016年度入学者向け学校説明会」において、「Pepper」がプレゼンテーションの一部を担当する。舞台演出・企画・開発、運営等は、生活革命が担当する。

 なお、説明会の最後には、「Pepper」と保護者様・お子様の記念撮影会のコーナーも設けられる。参加費は無料。以降、6月27日、8月22日のオープンスクール、9月22日の説明会にも「Pepper」が登場の予定。

城北埼玉中学・高等学校、ロボット「Pepper」を活用した学校説明会を開催

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)