【夏休み】巨大化の謎にせまる「メガ恐竜展」…幕張メッセ7/18-8/30

趣味・娯楽 その他

メガ恐竜展2015
  • メガ恐竜展2015
  • 迫力ある展示
  • 来場者プレゼント
  • 会場へのアクセス
 「メガ恐竜展2015」が、7月18日~8月30日に幕張メッセで開催される。迫力ある展示物の中には、トゥリアサウルスの復元骨格など、日本で初めて公開される展示もあるという。入場料は大人2,000円(前売券1,600円)、子ども1,000円(前売券800円)。

 ヨーロッパ最大の恐竜「トゥリアサウルス」は全長約30メートルと推定されている。「トゥリアサウルス」の復元骨格や、エウヘロプス、ライスロナックスの全身骨格が日本で初めて公開される。

 総合監修を務める竜脚類研究の第一人者、ボン大学のマーティン・サンダー教授による最新の研究成果の紹介や、クジラやマンモスなど巨大生物の展示も行われる。

 来場者へのプレゼントも予定されており、7月の平日(21~24日、27~31日)に限り、毎日先着1,000名に「恐竜のウンチ化石のかけら」を、8月の平日(3~7日、17~21日)には、先着300名に「アンモナイト化石」がプレゼントされるという。

◆メガ恐竜展2015
会期:2015年7月18日(土)~8月30日(日)会期中無休
開場時間:9:30~17:00(入場は閉場30分前まで)
会場:幕張メッセ 国際展示場11ホール
入場料:
大人(高校生以上)【当日】2,000円/【前売り】1,600円
子ども(4歳~中学生)【当日】1,000円/【前売り】800円
※3歳以下は無料
※障がい者手帳を持っている人と、その介護者1名は無料
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)