【学校ニュース】帝京大、東京経済大、東京工科大、明治大、創価大、京都橘大、佛教大

教育・受験 学校・塾・予備校

画像はイメージです
  • 画像はイメージです
 学校・教育機関発表のプレスリリースよりピックアップ。6月1日は帝京大学、東京経済大学、東京工科大学、明治大学、創価大学、京都橘大学、佛教大学の情報を紹介する。

・【帝京大学】帝京大学メディアライブラリーセンター「共読ライブラリー」プロジェクトで、作家伊坂幸太郎氏をゲストに学生の質問に本で答える「Special MONDO」がスタート
 帝京大学メディアライブラリーセンターで「共読ライブラリー」プロジェクトの一環として行っている、学生の疑問や悩みに本とメッセージで答える問答型の書架企画「College MONDO(カレッジ問答)」。ゲスト回答者に作家の伊坂幸太郎氏を迎えた、2015年度第1弾の「Special MONDO」がスタートした。

・【東京経済大学】6秒間の動画共有サービス「Vine」を活用して学生100名の声をウェブ発信する「東経100カラット」がオープン
 東京経済大学(東京都国分寺市)は、2016年度入試向け大学案内「Space2016」の発行と合わせ、5月22日、同大の学生100名を紹介する特設サイト「東経100カラット」をオープン。「東経100カラット」では若者で流行している「Vine」を利用している。

・【東京工科大学】東京工科大学メディア学部が6月10~12日開催の「デジタルサイネージジャパン2015」に出展―産学・地域連携で取り組む「まちづくりサイネージ」などを紹介
 東京工科大学(東京都八王子市/学長 軽部征夫)メディア学部は、6月10日~12日まで幕張メッセで開催される展示会「デジタルサイネージジャパン2015」に出展。産学・地域連携で取り組む「まちづくり」のデジタルサイネージなどを紹介する。

・【明治大学】「北陸新幹線の開通は地域社会に何をもたらすのか」6月20日、明治大学駿河台キャンパスで開催
 明治大学大学院商学研究科は6月20日、学術セミナー「北陸新幹線の開通は地域社会に何をもたらすのか」を駿河台キャンパスで開催する。入場無料、事前予約不要。

・【創価大学】創価大学が2016年度入学生から「兄弟姉妹同時在籍者への給付奨学金制度」をスタート―入学金半額(3人以上は全額)相当額を給付
 創価大学(東京都八王子市/理事長 田代康則)は2016年4月入学生から、「兄弟姉妹同時在籍者への給付奨学金(入学金半額等相当額)制度」をスタートする。これは、兄弟姉妹が創価大学・創価女子短期大学に在籍している新入生に対し、入学後に奨学金を給付するもの。

・【京都橘大学】山科区の高齢者約150人を対象に、看護学部学生が体力測定・健康教育を実施
 京都橘大学(京都市山科区、学長・細川涼一)では、看護学部が山科区の高齢者(山科区老人クラブ連合会会員)約150人を対象にした体力測定と健康教育を実施する。この取り組みは、同大看護学部「プライマリケア実習I(2回生対象)」と「プライマリケア実習III(4回生対象)」の授業の一環として実施されるもので、当日の準備・運営は教員補助のもと、学生により行われる。

・【佛教大学】佛教大学が学長主催 留学生交流会を6月3日に開催
 佛教大学では、田中典彦学長主催による留学生交流会を6月3日に紫野キャンパス1号館地下1階カフェテリア「笑虹紫(えにし)」において開催する。この催しは、毎年、留学生と在学生、教職員の交流の輪が広がることを願い開催しているもので、本年度は、学生団体ジャズ倶楽部による演奏やよさこいサークル紫踊屋による演舞、学生によるギターソロ演奏などのパフォーマンスを予定している。

(協力:大学プレスセンター)
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)