ネパール大地震、仮設で5週間ぶりに学校再開

生活・健康 その他

ネパール一部学校再開
  • ネパール一部学校再開
  • ネパール一部学校再開
  • ネパール一部学校再開
ネパールで起こった2度の大地震により通っていた学校が倒壊したり大きく損傷し、学ぶ場を失っていた1万4000人の子どもたちが仮設の学習センターで5週間ぶりに授業を受けることができた。

学校再開の初日となった31日、最も大きな被害を受けた地域に暮らす子どもたちが、ユニセフなどから届いた教材や学用品、遊具、幼稚園キットなどを使って勉強した。

今回の学校再開は、被災地の学校や教育施設が受けた甚大な被害を考えると、最初の一歩にすぎません。より多くの子どもたちが学校に戻れるよう、さらなる努力が続いています。

「被災後、学校に行かない期間が長く続いた子どもたちは、その期間が延びるほど、再び教室に帰ってくる可能性が低くなることが分かっています」と、ユニセフ・ネパール事務所代表の穂積智夫は説明する。ユニセフは教育省やパートナー団体と緊密に連携しながら、安全な教育環境や子どもたちへの心理的サポートを確保し、できるだけ早くすべての子どもを学校に戻すために活動しています。
しかし、いまだ学校に戻ることができていない98万5,000人の子どもたちのために、
やるべきことはたくさん残されています。こうした子どもたちは、学校を退学してしまう危険性がとても高い状態です。今回の2度の地震で合計3万2,000の教室が倒壊、1万5,352の教室が被害を受けました。「ユニセフは、ひとりの子どもも取りこぼすことがないよう、できるだけ早く仮設の学習スペースを設置するための活動を続けています。同時に、校舎の安全が確認されている場合は、家庭に対して子どもたちを学校に通わせるよう働きかけたり、コミュニティに対して『学校へ戻ろう』キャンペーンへの協力を呼びかけたりしています」

政府、ユニセフ、その他教育分野で活動する諸団体で組織する教育クラスターでは、
7,800校すべての被害調査、4,668カ所の仮設教育センターの設置、100万人分の教材・学用品・遊具の調達、1万9,568人の教員及びファシリテーターに対する心のケアや命を守るための教育についての研修などを完了するための費用として、2,410万米ドルの資金が緊急に必要であると見積もっています。「教育は、待ったなしです。特にネパール大地震のような自然災害の直後においては、一刻の猶予もありません」と穂積代表は続けます。「数千校の再建は、今後の復興の過程でおそらく優先的に取り組まれますが、同時に、暫定的な解決策も早急に提示していかなければなりません。そうでなければ、よりよい教育システム再建に向けた我々の取り組みによって恩恵を受けられるはずの多くの子どもを取りこぼしてしまいます」

ネパール大地震から5週間ぶりに学校再開 !

《タビル編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)