全国的に長梅雨の予想…西日本や東北は平年より1週間長い梅雨に

生活・健康

2015年梅雨期間の傾向
  • 2015年梅雨期間の傾向
  • 2015年梅雨の雨量傾向
 ウェザーニューズは6月9日、梅雨の天気傾向を発表した。今年は全国的に平年より長い梅雨になり、特に西日本や北陸、東北では平年より1週間程度長くなる予想。雨量は後半ほど増加し、7月に入ると強い雨の日が増える見込みだ。

 西日本~関東では平年並~早めに梅雨を迎え、北陸、東北でも今週に梅雨入りする予想。今年はエルニーニョ現象の影響により梅雨前線の北上が遅れることで、梅雨明けはほぼ全国的に平年より遅くなる可能性があるという。梅雨明けは、沖縄で6月末、九州で7月中旬~下旬、中国、四国、近畿で7月下旬、関東甲信も平年より遅く7月下旬、東北では7月末~8月初めの予想となっている。特に九州北部~近畿、北陸、東北では、梅雨期間が平年より1週間程度長くなる見込みだ。

 梅雨の期間の予想雨量は、西日本日本海側、奄美、沖縄で平年よりやや多く、そのほかのエリアでは平年並の見込み。梅雨前線の北上のタイミングが平年より遅いため、6月は沖縄、九州、四国で激しい雷雨や大雨に注意が必要。その後、7月に入ると梅雨前線が本州付近に北上するため、全国的に激しい雷雨や大雨の恐れがあるという。

 中国、近畿、東日本、東北では、梅雨期間の予想雨量は平年並。6月の雨量は平年よりやや少なめで梅雨入り後も比較的晴れ間が見られるが、7月の雨量が平年より多くなる恐れがあるため梅雨後半は道路冠水や家屋の浸水、河川の増水、土砂災害などに十分注意が必要だ。

 なお、最新の梅雨見解は、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」やスマホ向けWebサイト「ウェザーニュース」で確認できる。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)