【夏休み】トヨタ博物館、企画展「はたらく自動車」8月末まで小学生無料

生活・健康 交通・クルマ

アスファルトフィニッシャ
  • アスファルトフィニッシャ
  • 救急車
  • フォークリフト
  • コンバイン
  • 油圧ショベル&かにクレーンの実演
  • キャリアカーの実演
  • ハイウェイ・パトロールカーの実演
  • 企画展「はたらく自動車」
トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、7月18日から11月8日まで、緊急車両や特殊車両を紹介する企画展「はたらく自動車」を開催する。

企画展では、パトカー、救急車、フォークリフト、宅配車に加え、アスファルトフィニッシャとコンバインが初登場。展示車両6台の“はたらく自動車"の役割や機能、またそれぞれの車で“はたらく人"の仕事をオリジナルワークブック「調査隊ノート」(和英併記)を使って、子どもたちが楽しみながら学べる内容となっている。

また、パトカーや白バイ、油圧ショベルなど、はたらく自動車を用いた「車両実演イベント」を7月19日、9月5日、12日、19日、26日、計5回開催する。

そのほか、プラスティッククラフト トヨタ 2000GT や、空気で走るエアチャージカーを作製する「工作イベント」(有料)を、7月18日から8月30日までの土・日・祝日および8月13日・14日に実施する。また、7月18日から11月8日まで、本館2階ギャラリーでは写真展「道路をつくる」を、新館3階ライブラリーでは、点をつないで車を描く「つないで描こう!はたらく自動車」をそれぞれ開催する。

なお、7月11日から8月30日は小学生の入館を無料とする。

トヨタ博物館、企画展「はたらく自動車」を開催…アスファルトフィニッシャ初登場

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)