東京五輪応援、成長や希望を描いた嵐・大野デザイン機就航

趣味・娯楽 スポーツ

嵐・大野智デザインのボーイングが空を飛ぶ!…JAL Fly to 2020 特別塗装機お披露目会
  • 嵐・大野智デザインのボーイングが空を飛ぶ!…JAL Fly to 2020 特別塗装機お披露目会
  • 嵐・大野智デザインのボーイングが空を飛ぶ!…JAL Fly to 2020 特別塗装機お披露目会
  • 嵐・大野智デザインのボーイングが空を飛ぶ!…JAL Fly to 2020 特別塗装機お披露目会
  • 嵐・大野智デザインのボーイングが空を飛ぶ!…JAL Fly to 2020 特別塗装機お披露目会
  • 嵐・大野智デザインのボーイングが空を飛ぶ!…JAL Fly to 2020 特別塗装機お披露目会
  • 嵐・大野智デザインのボーイングが空を飛ぶ!…JAL Fly to 2020 特別塗装機お披露目会
  • 嵐・大野智デザインのボーイングが空を飛ぶ!…JAL Fly to 2020 特別塗装機お披露目会
  • 嵐・大野智デザインのボーイングが空を飛ぶ!…JAL Fly to 2020 特別塗装機お披露目会
日本航空(JAL)は、2020年に東京で開催されるオリンピック・パラリンピック競技大会の応援企画第1弾として、嵐の大野智さんがデザインした特別塗装を施したボーイング777-300型機「JAL Fly to 2020 特別塗装機」を就航させる。

6月27日からのフライトに先駆けた26日、羽田空港で特別塗装機のお披露目会が行われた。会場には、オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の森喜朗会長、日本オリンピック委員会の竹田恆和会長、日本パラリンピック委員会の鳥原光憲会長が登壇。さらにゲストとして嵐のメンバーの大野さん、相葉雅紀さん、松本潤さん、二宮和也さん、櫻井翔さんが駆けつけた。

特別塗装機が飛ぶのは国内線のみになるが森会長は、「できれば国際線でも飛ばしてもらって、 世界中から多くのアスリート、オリンピックを観ていただくお客さまを迎えていただきたい」とコメント。「大野さんが描いたというからびっくりしました」と顔をほころばせた。

デザインを担当した大野さんは「こんな経験2度とない」と1カ月近くかけて構想を練って描いた。「東京オリンピック・パラリンピックに向けての希望だったり、羽ばたきだったり、開花だったり、生命だったり、そういうのをまず言葉から考えて、絵をつけていった感じです」と経緯を話す。

ボーイング777の機体には、赤ちゃんから子ども、大人へと未来に向かって進化する人や、日本の四季、富士山が色鮮やかに描かれている。特別塗装機は明日から日本の空を賑わせてくれるだろう。JAL Fly to 2020 特別塗装機の運行路線は、主に東京(羽田)・大阪(伊丹)と沖縄(那覇)を結ぶ路線となる。運行期間は6月27日~2016年3月(予定)。

嵐・大野智デザインのボーイングが空を飛ぶ!…JAL Fly to 2020 特別塗装機お披露目会

《五味渕秀行@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)