【夏休み】出発ピーク8/12、2015年総旅行人数は過去2番目

 JTBは7月2日、夏休み期間中(7月15日~8月31日)の旅行動向調査結果を発表。2015年の総旅行人数は7,816万人、2014年を上回る過去2番目の人数だという。旅行意欲が高く、国内旅行に増加が目立つ。

趣味・娯楽 その他
JTB
  • JTB
  • 夏休みの旅行動向数値
  • 同行者や国内旅行先
  • 旅行目的や日数
  • 海外旅行人数推計
 JTBは7月2日、夏休み期間中(7月15日~8月31日)の旅行動向調査結果を発表。2015年の総旅行人数は7,816万人、2014年を上回る過去2番目の人数だという。旅行意欲が高く、国内旅行に増加が目立つ。

 調査は「夏休み(7月15日~8月31日)に1泊以上の旅行に出かける人」の旅行動向の見通しを、同社がまとめたもの。1969年に調査が開始され、2015年で47回目を迎える。調査期間は6月3日から15日まで、全国の15歳以上79歳までの男女個人1,200人(1地点6人×200調査地点)から回答を得た。

 2015年の総旅行人数の推計値は7,816万人、前年比11万人増となった。そのうち国内旅行は7,561万人、海外旅行は255万人。海外旅行が5万人減となっているのに対し、国内旅行は16万人増と大きく増加している。家族づれの旅行が67.0%を占めており、旅行日数は1泊2日(45.0%)がもっとも多く、ついで2泊3日(32.5%)となった。

 交通費・宿泊代・食費代などを含む国内旅行の平均費用は、1人1回あたり34,700円。出発のピークは8月12日~14日、旅行先では「関東」20.2%、「東海」13.3%、「甲信越」11.4%、「近畿」11.1%が上位となっている。利用交通機関をみると、約7割がレンタカーを含めた乗用車と回答した。旅行目的では、「帰省、離れて住む家族と過ごす」のほか、「温泉でゆっくりする」「自然や風景を楽しむ」が上位となった。

 燃油サーチャージを含む海外旅行の平均費用は、1人1回あたり251,500円(旅行先での土産代等の現地支払費用は除く)。出発のピークは、欧州などの長距離方面が8月8日、ハワイや東南アジアなどの中距離方面が12日、台湾やグアム・サイパンなどの近場が16日となっている。円安などの影響から欧州、マレーシアへの旅行者が減少しているが、ハワイや台湾は人気が継続。台湾は、短期間で行ける手軽さに加え、日本ー台湾間が増便されたことが好調の理由とみられる。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)