【夏休み】命のありがたみに感謝「エゾシカ解体&バーベキュー」7/24

教育・受験 その他

鹿の解体を見守る子どもたち
  • 鹿の解体を見守る子どもたち
  • 鹿の皮や角を使ったクラフト作り
 アフタースクール久我山キッズ(東京都杉並区)は、命のありがたみを実体験できる食育イベント「エゾシカ解体&バーベキュー」を、伝統肉協会の協力のもと7月24日に開催する。体験を通して感情に響く教育イベントという。

 解体から食べるところまでの、普段できない体験を通し、子どもたちが命のありがたみを感じられる食育イベントで、実施の背景には、深刻な鹿・猪による獣害被害を知ってほしい、お肉だけでなく皮や角も利用できることを学んでほしい、という思いもある。

 目の前にあるお肉が、どこから来て、どんな人が関わっていて、どんな問題があるのかを知り、実際に体験した感情を大切にすることによって、豊かな成長を促すことが目的だ。

 アフタースクール久我山キッズでは、このほかにもさまざまなサマースクールの参加者を募集している。詳細はWebサイトで確認できる。

◆エゾシカ解体&バーベキュー
開催日:7月24日
問合せ:アフタースクールくがやまキッズ
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)