「ネットの高校」来春開校…双方向学習や著名人が授業

 KADOKAWA・DWANGOは新たな教育事業として、エンターテイメント性とIT技術を兼ね備えたデジタルネイティブ世代向けの「ネットの新しい高校」設立準備に入っていることを発表した。

教育ICT 学校・塾・予備校
KADOKAWA・DWANGO教育事業公式サイト
  • KADOKAWA・DWANGO教育事業公式サイト
  • IT を活用した教育イメージ図
 KADOKAWA・DWANGOは新たな教育事業として、エンターテイメント性とIT技術を兼ね備えたデジタルネイティブ世代向けの「ネットの新しい高校」設立準備に入っていることを発表した。

 同社が得意とするIT技術を活用し、生徒が時間や場所を選ばずに動画で学習ができること、また双方向性をそなえた学習プラットフォームの提供が計画されている。

 さらに全国の地方自治体と提携してさまざまな職種の職業体験を行うことで、若手の人材不足に悩む地方との職業マッチングも期待されている。

 社会で即戦力となる授業として、有名ライトノベル作家や、ゲームクリエイター、デザイナー、経営者といった各業界で活躍する専門家や著名人による課外授業をグループ企業のバンタンと共同で展開する。

 これらの特色ある教育内容によって、これからの未来を担う生徒が、より自由に自身のやりたいことを見つけ、得意分野を伸ばせる環境を持つ高校になるよう準備を進めていく。

 今後は、2016年初春に双方向学習Webサービスをリリースし、同年春に「ネットの高校」開校を目標としている。
《富田量》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)