【夏休み】筑波宇宙センターサマーラボ8/3-21…自由研究のヒント満載

 JAXA筑波宇宙センターは8月3日から21日まで、小中学生を対象とした「サマーラボ2015」を開催する。同センターの職員や宇宙の専門家たちによる、宇宙を題材とした授業で、夏休みの自由研究のヒントも満載だという。

教育・受験 学習
サマーラボ(2014年のようす)
  • サマーラボ(2014年のようす)
  • サマーラボ(2014年のようす)
  • サマーラボ2015 スケジュール
  • 筑波宇宙センターアクセスマップ
 JAXA筑波宇宙センターは8月3日から21日まで、小中学生を対象とした「サマーラボ2015」を開催する。同センターの職員や宇宙の専門家たちによる、宇宙を題材とした授業で、夏休みの自由研究のヒントも満載だという。

 イベントは、実験や工作、体験を通して、宇宙や地球を身近に感じられる内容。職員や宇宙の専門家たちが先生となり、手作りの授業が行われる。毎年開催されており、参加者から好評を得ているという。

 2015年は8月3日から21日までの月曜日から金曜日に開催される。水ロケットを自分で作り、打ち上げに挑戦する授業のほか、宇宙食の秘密を知る授業、宇宙飛行士の模擬体験授業などを実施する。

 参加費は無料だが、事前に申込みが必要。申込みは7月16日よりWebの予約システムから受け付ける。イベントにより、参加対象が異なるため事前に確認しておく必要がある。

◆筑波宇宙センター「サマーラボ2015」
開催期間:8月3日(月)~8月21日(金)の月~金(土・日は休み)
時間帯:1日2回(午前の部10:30~11:30、午後の部14:00~15:00)
対象者:小学生~中学生(内容により対象者が異なる)
場所:筑波宇宙センター 広報・情報棟(E-2)の広報・普及室1
※一部、屋外での授業がある
参加費:無料
持ち物:コースによっては屋外での打ち上げ体験がある。熱中症予防のため、帽子、水筒、汗拭きタオルなど
申込み:7月16日(木)より、Webサイトの予約システムから申し込む
プログラム(対象):
・ロケット音響体験&マイナス196度の世界(小1~小6)
・自分でつくった水ロケットを空高く打ち上げよう(小1~小6)
・コンピュータを使って宇宙旅行に行ってみよう!(小4~小6)
・パラボラアンテナのふしぎ(小4~小6)
・宇宙「メカ」の世界(中学生)
・空力翼艇を作ろう!(小1~小6)
・かさ袋ロケットを飛ばそう!(小1~小6)
・ひとと宇宙(中学生)
・遊んで学べる!ロケット&人工衛星カルタ(小1~小6)
・宇宙食の秘密を知ろう(小4~小6)
・宇宙飛行士ってこんなに大変なんだ!(小1~小6)
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)