キヤノン、授業やキャンプで使えるミニプロジェクター発売

 キヤノンマーケティングジャパンは13日、ポケットサイズという小型軽量のモバイルプロジェクタ「ミニプロジェクター C-5」を発表した。発売は8月上旬、価格はオープン価格で、予想実売価格は29,800円前後。

教育ICT モバイル
バッテリ駆動なので、こういった利用も可能
  • バッテリ駆動なので、こういった利用も可能
  • 小型軽量のモバイルプロジェクタ「ミニプロジェクター C-5」
  • 胸ポケットなどに無理なく収まる
  • MHL対応のスマートフォン・タブレットの映像を投影できる
 キヤノンマーケティングジャパンは13日、ポケットサイズという小型軽量のモバイルプロジェクタ「ミニプロジェクター C-5」を発表した。発売は8月上旬、価格はオープン価格で、予想実売価格は29,800円前後。

 本体サイズ幅124mm×奥行き71mm×高さ20mm、重さ169gで、胸ポケットなどに無理なく収まるコンパクトサイズを実現したモバイルプロジェクタ。電源が不要で最長3時間のバッテリ駆動が可能となっている。miniHDMI端子を装備し、MHLをサポート。PCなどのほかMHL対応のスマートフォン・タブレットの映像を投影できる。

 映像素子はDLP(1枚)、解像度は640×480ピクセル、明るさは50ルーメン、コントラスト比は800:1で、1Wの内蔵スピーカーも装備する。光源はLEDで、寿命は約10,000時間。カラーはDeep BlueとSilverの2色が用意される。

キヤノン、スマホの画像を投影できるポケットサイズのモバイルプロジェクタ

《関口賢@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)