【夏休み】帽子作り体験も…子ども向け展覧会7/31-8/9

 横浜市民ギャラリーでは7月31日から8月9日まで、「横浜こどもの美術展」を開催する。子どもたちが描いた作品を、館内いっぱいに展示する。また、自由参加のワークショップも開催され、「作品を見る楽しさ」「作品を見てもらううれしさ」を体感できる。

趣味・娯楽 その他
横浜こどもの美術展
  • 横浜こどもの美術展
  • 展示のようす
  • 誰でも参加できるワークショップ「アート・ハット」
  • 特別上映「かわぐちえりミニシアター」
 横浜市民ギャラリーでは7月31日から8月9日まで、「横浜こどもの美術展」を開催する。子どもたちが描いた作品を、館内いっぱいに展示する。また、自由参加のワークショップも開催され、「作品を見る楽しさ」「作品を見てもらううれしさ」を体感できる。

 同展は、横浜市民ギャラリーが開館した翌年の1965年に開始、今年で50周年を迎える。子どもたちが描いた作品を募集し、応募作品をすべて展示するため、館内は子どもたちの作品でいっぱいになるという。

 会期中は、誰でも参加できるワークショップも開催され、子どもから大人までアートな帽子作りを楽しむことができる。やわらかい紙と色とりどりのマスキングテープを使って、自分だけの帽子を作る。ワークショップは午前10時から午後5時半まで。

 また展覧会場では、同展のチラシのイラストを描いた川口恵里氏によるアニメーションの上映も行われる。

 「横浜こどもの美術展」は7月31日から8月9日まで、横浜市民ギャラリーで開催する。会期中は無休で、開館時間は午前10時から午後6時まで(入場は午後5時半まで)。入場無料となっている。なお、展示する子どもの作品の募集はすでに終了している。

◆横浜こどもの美術展
開催期間:7月31日(金)~8月9日(日)※会期中無休
会場:横浜市民ギャラリー
時間:10:00~18:00(入場は17:30)
入場:無料

【自由参加ワークショップ】
アート・ハット
開催期間:7月31日(金)~8月9日(日)
時間:10:00~17:30
参加費:無料
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)