衣服が教材の展示会「服育ミュージアム」8月開催

 衣服を教材として、衣服そのものをはじめ、環境問題などさまざまな分野について学ぶ「服育」に関する展示会「服育ミュージアム」が8月に東京・大阪の2会場で開かれる。東京は「秋葉原UDX」で、大阪は「グランフロント大阪」でそれぞれ開催する。

生活・健康 衣料
最近の子ども向け制服に加えられた工夫とは。東京、大阪の2会場で紹介する
  • 最近の子ども向け制服に加えられた工夫とは。東京、大阪の2会場で紹介する
 衣服を教材として、衣服そのものをはじめ、環境問題などさまざまな分野について学ぶ「服育」に関する展示会が8月に東京・大阪の2会場で開かれる。繊維商社のチクマ社などが共催する。「服育ミュージアム」と名付けた。学校の制服について交通事故や災害、犯罪などから身を守る工夫に関する展示や、すごろく形式で衣服の製造から再利用に至るまでを学ぶ教材の紹介などがある。
 同社は平成16年に「服育」を提唱。普及を進めてきた。今回は過去10年間の模様や、教育現場での反響、実践した教員の声なども発表する。
 8月4、5の両日は東京の「秋葉原UDX」で、20、21の両日は大阪の「グランフロント大阪」でそれぞれ開催する。

衣服が教材……「服育」の展示会

《日本教育新聞》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)