【夏休み】知育スタンプで遊ぶ・学ぶ「エポンテの森」8/22

 発達心理学から生まれた知育スタンプ「エポンテ」を使ったワークショップ「エポンテパーク」の第二弾となる「エポンテの森」が、8月22日に渋谷TODビルにて開催される。幼児クラスと小学生クラスの2種類が用意されており、無料で参加できる。

趣味・娯楽 その他
過去のワークショップ開催時のようす
  • 過去のワークショップ開催時のようす
  • エポンテの森
  • さまざまな押し方ができるエポンテ
  • エポンテで描く生き物
 発達心理学から生まれた知育スタンプ「エポンテ」を使ったワークショップ「エポンテパーク」の第二弾となる「エポンテの森」が、8月22日に渋谷TODビルにて開催される。幼児クラスと小学生クラスの2種類が用意されており、無料で参加できる。

 「エポンテ」は、あそびを通じて想像性や創造性を育むことを目的に、発達心理学学者の内田伸子氏監修のもと開発された3歳から遊べる知育スタンプ。手があまり発達していない3歳~5歳の時期から使用でき、使う子どもによって使い方に工夫ができることを重視して開発したという。

 第一弾のワークショップはすでに2015年3月に東京大学にて実施された。第二弾となる今回は、来場者数10万人を越え世界最大のこども創作イベントと評される、8月29日・30日開催予定の「ワークショップコレクション11 in シブヤ」のプレイベントとして開催されるもの。

 当日は、東京都渋谷区内の取り壊し予定のビルの部屋の壁全面をキャンバスに見立て、自由な発想やストーリーで子どもたちみんなで「エポンテの森」を描いていく。参加する子どもたちは、耳や尾っぽ、帽子などを「エポンテ」で手作りし、「エポンテの森」に住む住人になりきってワークショップに参加するという。

 今回は、未就学児4歳以上対象の幼児クラスと、おもに小学1~3年生対象の小学生クラスの2クラスを開催。ワークショップはそれぞれ2回ずつ行われる。参加定員は各回25名。現在、特設サイトの申込みフォームにて申込みを受け付けている。

◆エポンテパーク「エポンテの森」
開催日:2015年8月22日(土)
時間:幼児クラス 10:00~11:15、14:00~15:15/小学生クラス11:30~12:45、15:30~16:45
会場:渋谷TODビル2階北
対象:幼児クラス 未就学児4歳以上/小学生クラスおもに小学1~3年生(保護者同伴)
定員:各回25名
参加費:無料
申込方法:特設サイトの申込みフォームにて申し込む
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)