【夏休み】広電とJAF、親子向け車掌体験や工場見学8/21

生活・健康 交通・クルマ

広島電鉄とJAFは共同で親子向け交通安全教室を開催する。写真は広島電鉄の路面電車。
  • 広島電鉄とJAFは共同で親子向け交通安全教室を開催する。写真は広島電鉄の路面電車。
  • この交通安全教室では、自動車と路面電車の車両特性の違いを学ぶ。
広島電鉄と日本自動車連盟(JAF)広島支部は8月21日、「親子で楽しむ・学ぶ クルマと路面電車の交通安全教室」を共同で開催する。開催時間は13時30分から15時まで。

両者の発表によると、広島電鉄の路面電車が走っている広島市内では、自動車の運転に際し「最大限の注意を払う必要」がある。両者は交通安全教室を開催することで「電車と車の動きや視界の違いなどを、車のドライバーに理解」してもらい、「電車と車の共存社会」につなげたいとしている。

参加できるのは、JAF会員の保護者と小学1~3年生の子供のペア。10組20人を募集している。参加費は1組1500円。広島電鉄の車両工場を見学し、運転手から見えない場所や、車と電車の車両特性の違いを学ぶ。また、子供車掌体験や貸切電車の運行も実施する。申込みはJAF広島支部が電子メールかはがきで受け付けている。締切は8月11日(必着)。

広島電鉄とJAF、親子向け交通教室を開催…8月21日

《草町義和@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)