【夏休み】旭山動物園「夜の動物園」8/15まで開催

趣味・娯楽 その他

旭山動物園「夜の動物園」
  • 旭山動物園「夜の動物園」
  • ほたるのこみち
  • あんどん展示
  • 夜の動物園バス運行
 旭山動物園は8月9日より15日まで「夜の動物園」を開催している。期間中は午後9時まで開園時間帯を延長し、シンリンオオカミの遠吠えのようすやヘイケボタルが光を放つ美しい姿など、夏の夜ならではの生き物の観察ができる。

 北海道旭川市にある日本最北の動物園「旭山動物園」は、動物たちの行動や生活を見せる「行動展示」を行っている。また、学校教育に向けても事業の充実を図っており、園内でのイベントやガイド・体験学習を用意し、園内ではさまざまな場所で解説看板を設置している。

 夜の動物園は、普段見ることができない夜の動物たちのようすを来場者に見てもらう機会として、1987年より毎年実施している。今回は、ヘイケボタルがヒカリを放つ美しい姿を観察できる「ほたるのこみち」や、大型あんどん5基が夜の動物園を彩る「あんどん展示」、夜の動物の生態を飼育員がわかりやすく解説する「ナイトウォッチング」などを実施する。

 なお、夜の動物園開園期間中は、夜間の臨時バスを運行する。

◆旭山動物園「夜の動物園」
日時:2015年8月9日(日)~8月15日(土)9:30~21:00(入園は20:00まで)
会場:旭山動物園(北海道旭川市東旭川町倉沼)
入園料:大人(一般)820円、(市民)590円、小人(中学生以下)無料
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)