【夏休み】旭山、上野、天王寺ほか「夜の動物園」まとめ

趣味・娯楽 その他

旭山動物園
  • 旭山動物園
  • 横浜動物園ズーラシア
  • 野毛山動物園
  • 金沢動物園
  • 上野動物園
  • 天王寺動物園
 夏休み期間中、開園時間を延長する「夜の動物園」が全国の各所動物園にて開催されている。

 夜行性の動物たちを観察できるのはもちろん、動物園によってはビアガーデンや音楽ライブなど、各動物園ならではのスペシャル企画などが実施され、大人も子どもも夏の夜の時間を動物園でゆっくり過ごすことができる。

・北海道旭山動物園「夜の動物園」8月9日~15日
 動物たちの生き生きとした動きを観察できる「行動展示」が大きな特徴の旭山動物園。1987年より毎年開催されている「夜の動物園」は、シンリンオオカミの遠吠えや、元気に泳ぎ回るカバ、戯れるペアのアムールトラなどが見どころ。動物展示のほかにも、ヘイケボタルが観察できる「ほたるのこみち」や、5基の大型あんどんが夜の動物園を彩る「あんどん展示」、屋台出店なども楽しめる。
http://resemom.jp/article/2015/08/10/26262.html

・よこはま動物園ズーラシア「ナイトズーラシア2015」8月1日~30日(期間中の土日と14日)
 2015年4月に「アフリカのサバンナ」エリアがオープンしたばかりのよこはま動物園ズーラシア。「ナイトズーラシア2015」では、同エリアのチーター、キリン、クロサイをはじめ、ホッキョクグマ、インドゾウ、マレーバクなどを夜間展示。ほかにも、「ズーラシアアフリカン・サマーフェスティバル」として、アフリカの装飾やイルミネーションのほか、アフリカ料理、ビアガーデンなどが楽しめる。
http://resemom.jp/article/2015/08/10/26257.html

・野毛山動物園「ナイトのげやま」8月1日~30日(期間中の土日と8月14日)
 「小さな子どもが初めて動物に出会い、ふれあい、命を感じる動物園」をコンセプトに掲げる野毛山動物園では、「ナイトのげやま」を開催。午後7時と7時半より開催の飼育係による動物ガイドでは、アビシニアコロブスやコンドル、ダチョウなどに加えて、傷病動物(保護された野生動物)や卵と羽の話なども聞くことができる。ほかにも、ビアガーデンや「夕涼みガーデンライブ」も開催される。
http://resemom.jp/article/2015/08/10/26257.html

・金沢動物園「よこはま夜の動物園2015 ナイト金沢」8月1日~30日(期間中の土日と14日)
 今年6月にキリンの赤ちゃんが生まれ、7月25日より一般公開中の金沢動物園。8月14日・22日・23日に開催される「おしゃべりナイト」では、夜間展示されるコアラやオオカンガルー、オカピ、ブラジルバクなどについての説明を聞くことができる。ほかにも、ビアガーデンの営業をはじめ、ワークショップやステージイベントが楽しめる「こどもまつり」や、アニメーションや映像の上映、光のアートが園内各所に設置される「金沢動物園映像祭『ひかるどうぶつえん』」も実施される。
http://resemom.jp/article/2015/08/10/26257.html

・上野動物園「真夏の夜の動物園」8月8日~16日
 夜に室内で眠るジャイアントパンダ、動かない鳥ハシビロコウ、夜行性のタテガミオオカミが観察できる上野動物園の「真夏の夜の動物園」。キリンやゾウの運動場に入ることができる特別イベントのほか、世界最大級のドキュメンタリー番組専門チャンネル「ナショナルジオグラフィックチャンネル」の野外上映会「ナショジオ夜のどうぶつシアター」なども実施。さらに、ジャズやボサノバなどの音楽ライブ「音楽の夕べ」やビアガーデンも楽しむことができる。
http://resemom.jp/article/2015/07/13/25728.html

・天王寺動物園「ナイトZOO」8月8日~16日
 開園100周年を記念して開催される天王寺動物園の「ナイトZOO」。期間中は、夜でも活発に動くホッキョクグマの親子をガイドとともに観賞できる「北極の夜!」や、キリン・シマウマなどの草食動物をライオンビュー側に誘導し、夜行性のライオンを観察する「草食動物大移動とサバンナのハンター」、アジアゾウの寝室に入ることができる「アジアゾウのお宅訪問」など、スペシャルイベントが毎日開催されている。
http://resemom.jp/article/2015/06/21/25249.html
《堀合俊博》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)